7/21(月)海の日に、田島貴男のユニット、オリジナル・ラヴは全国ツアー<踊る太陽ツアー>の最終日を迎え、渋谷公会堂にてライヴを行ない、大成功を収めた。

最終日のこの日、田島貴男は、最新アルバム『踊る太陽』のジャケットと同じスーツで登場。アルバム1曲目でもある「ブギー4回戦ボーイ」をオープニングに熱唱した。前半はこの『踊る太陽』をメインに、ロックンロール・ナンバーをバンドサウンドで次々と披露。そして数々の最新曲のなかに「どうしようもない恋の唄」(ルースターズ)、「おこのみで」(椎名林檎)、そして「網走番外地」(高倉健)のカヴァーを織り交ぜるのだが、この3者3様な選択も、田島が歌うと甘酸っぱい、ほろ苦いロックンロールになるから不思議。特に「網走番外地」などはあまりの意外性、ベタベタ任侠な歌に笑っちゃいそうになったのだが、田島が歌を進めていくうちに、彼の歌いまわしでもってロックンロールに昇華させていったところは見事。さすが音楽職人。ほかにもオリジナル・ラヴの名バラッド「プライマル」をウッドベースをバックにピアノで弾き語ったり、詩を朗読する場面があったりととにかくバラエティ豊か。そして後半には「時差を駆ける思い」、「接吻」(中島美嘉がカヴァーして話題に)、「The Rover」「JUMPIN' JACK JIVE」とオリジナル・ラヴならではのライヴナンバーを披露。アンコールでは「夜をぶっとばせ」も熱唱し、観客を大いに盛り上がらせていた。

アンコールが終わり、客電も付き、これで終わりかと思いきや、なかなか帰ろうとしない観客たち。それに応えて田島貴男がアコースティック・ギターをもってひとりで登場し、「Love Me Tender」(エルヴィス・プレスリー)を熱唱。これで丸2ヶ月にわたったツアーが終了となった。

とにかくこの日は、始終盛り上がってる会場だった。客層は、若干高めだし、ホールでのライヴなので、曲間などはシーン……となったりするのだろうと思っていたら、まったくそういう間がない。常に観客が声援を送り、オリジナル・ラヴの音をそのものを楽しもうとするライヴ、そして、ステージの田島貴男をはじめ、バックバンドのメンバーたちも楽しく余裕でロックンロールする、そんな空間だった。

今後、オリジナル・ラヴは夏フェスに登場。
2003年8月3日(日)SUMMER SONIC 03(大阪公演のみ)
2003年8月16日(土)RISING SUN ROCK FESTIVAL 2003 in EZO