▲左が新製品EarPeace HD、右が初代のEarPeace(個人的に使い込んでいたのでケースは傷だらけ…)。付属のアルミ製ケースがひと回り小さくなった。

▲ご覧のとおり、新しいEarPeace HDは底部分も蓋が外れ、2層となっているので使い勝手が大きく向上した。

▲左が赤フィルターを使った状態、中央はクリアフィルターを外した状態、一番右は初代EarPeace。引っ張りだすタブの部分がEarPeace HDになって大きく太くなった事がわかる。

「単に遮音にあらず、音楽を楽しむために設計された耳栓イアーピース」というタイトルで、以前ご紹介したEarPeaceが、さらなる機能を携えEarPeace HDとして新登場した。単に遮音するのではなく、音楽を音楽として楽しませてくれるバランスで適度に音量を下げ、難聴へのリスクをぐっと軽減してくれる、頼りになる耳栓だ。

◆EarPeace HD像

EarPeace HDは、これまでのEarPeaceと比べぱっと見に大きな変化なく、耳へ入れた時の使い心地も特に変わらないが、中央のフィルター部分が交換可能となり、これによって遮音性能が調節可能となった。

このフィルターは、シチュエーションによって使い分けられるように用意されたもので、赤フィルターとベージュ色のクリアフィルターの2種類が予め同梱されている。長時間のライブ鑑賞や、スピーカー近くではより強固なレッドフィルターが、日常のノイズカットや大ホールでの音楽鑑賞ではクリアフィルターが最適とのこと。実際ライブハウスで使用してみたが、これまでのEarPeaceよりバランスが良くなり、高域の抜けが良くなったことで音楽としてのバランスがより自然になった。これまでは低域は身体全体で強烈に感じるものの、中高域~高域にかけての遮音が強く、どうしてもバランスとしては一枚膜を貼ったような中低域寄りのバランスになりがちだった。EarPeace HDでは、シンバルやリバーブの残響など超高域もバランスが保たれたまま音量をカットしてくれるため、ライブハウスで楽しむ場合もサウンド・バランスに違和感を感じにくい。コンサートでは往々にして音量は非常に大きいため、赤フィルターの方が心地よく楽しむことができそうだ。

持ち運びに便利なアルミニウム製ケースも付属するが、EarPeace HDでは以前のEarPeaceよりもひと回り小さくなり、よりコンパクトとなって持ち運びしやすくなっている。また、新たにボトム部分も蓋が外せるようになっており、こちらに予備のピースひとつと交換フィルターをしまっておくことができる。ケースが2層になったことで、使い勝手は大幅に向上した。

必要以上の音量の音を聴き続けると、耳内部の蝸牛殻内の有毛細胞を破壊してしまうのは、老若男女問わず、誰もが抱えているリスクだ。難聴となってから聴力を取り戻せないのは、壊れてしまった有毛細胞は二度と修復できないから。コンサートもクラブイベントも、音への没入感を存分に楽しみながら、危険の境界線ぎりぎりのところで踏みとどめてくれるのは、このような専用イヤーピースの使いこなしに尽きる。健常でなくなってしまう前に、聴力を失ってしまう前に、耳栓の役割をしっかりと考えてみて欲しい。自分の身を守るのは、自分自身の心掛けしかないからね。

text by BARKS編集長 烏丸

●EarPeace HD Ear Plugs
\2,200(送料・税込)
※赤フィルター遮音性:高音域 21db 中音域 18db 低音域 16db
※クリアフィルター遮音性: 高音域 20db 中音域 16db 低音域 13db
・HD ケースカラー:レッド、シルバー、ブラック
・耳栓×3(低アレルギー性シリコン)
・アルミニウム製ケース
・取り扱い説明書(日本語)
EarPeace Users:ミュージシャン / DJ、コンサート、クラブスタッフ、バーテンダー、イベントカメラマン、スポーツ等イベント会場スタッフ、警備員、工場や工事現場
※ウレタンフォーム製耳栓との違い
イアーピースは独自の遮音性能により、音楽のクオリティを損なう事なく楽しむことができます。もちろん会話は問題なく聞き取る事ができるため、コンサート、イベント、クラブなどで仕事をする人達にも最適です。快適な装着感。特許取得のデザイン形状により簡単に脱着することが可能です。またジャストフィットするため、アクティブなイベントにおいても耳栓が抜け落ちてしまう心配がありません。スキンカラーに近いカラーバリエーション。目立たないことで、いかなるシーンでもファッション性を損なわない配慮をしています。


◆イアーピース・オフィシャルサイト
◆BARKS カスタムIEM専門チャンネル
◆BARKSヘッドホン・チャンネル
◆EarPeace HDプレゼント(2014年4月30日締め切り)

BARKS編集長 烏丸レビュー(■イヤホン ●ヘッドホン ◆カスタムIEM ◇他)
◆Noble Audio Kaiser 10(2014-01-19)
◆Clear Tune Monitors CT-300Pro(2014-01-04)
◇KLIPSCH KMC1(2014-01-01)
■DUNU DN-1000(2013-12-30)

◆Ultimate Ears Reference Monitors(2013-12-16)
◆Ultimate Ears 11 Pro(2013-12-08)
◆earmo Tune5(2013-12-03)
●オーディオテクニカATH-OX7AMP(2013-11-23)
■音茶楽Donguri-欅(KEYAKI)(2013-11-17)

■オーディオテクニカ ATH-IM01~04(2013-10-27)
◇Astell&Kern AK10(2013-10-25)
●フィリップス Fidelio M1(2013-10-22)
◆earmo Tune4(2013-10-12)
◆Ultimate Ears Personal Reference Monitors(2013-10-05)

◆Sensaphonics 2XS(2013-09-30)
■Earsonics SM64(2013-09-23)
◆LIVEZONER41 LZ12(2013-09-15)
◆Ultimate Ears カスタムIEM全7機種(2013-09-08)
◆null audio Elpis(2013-09-03)

■FitEar Parterre(2013-08-25)
◆カナルワークスCW-L12(2013-08-17)
◆Livezoner41 LZ 4(2013-08-06)
■SHURE SE846(2013-08-02)
■オーリソニックスASG-2 with BassPort(2013-07-28)

■Hippo ProOne(2013-07-21)
◆カナルワークス CW-L51a(2013-07-13)
■EXS X10(2013-06-24)
■音茶楽Flat4シリーズ粋、楓、玄(2013-06-17)
◆LEAR LCM-1F(2013-06-10)

◇Ultimate Ears UEブーム(2013-05-28)
◇Stage93 93PC(2013-05-20)
●Meze Headphones(2013-05-08)
●Fischer Audio Jubilate(2013-04-29)
◇ORB JADE casa(2013-04-21)

◆lime ears LE3(2013-04-14)
◇雑誌「DigiFi 第10号」付録(2013-04-06)
●Ultimate Ears UE 9000、UE 6000、UE 4000(2013-04-01)
■開放型インナーイヤーイヤホンおススメ5モデル(2013-03-19)
◆LEAR LCM-5(2013-03-16)

●フィリップスFidelio L1(2013-02-25)
○スマホが与えた音楽リスニングのモラル変革(2013-02-17)
■Klipsch Image X7i(2013-02-04)
◆LEAR(2013-01-27)
◆カナルワークスCW-L05QD(2013-01-13)

◆earmo(2013-01-02)
◆Westone AC2(2012-12-25)
◇Stage93 93SPEC(2012-12-16)
●California Headphone Silverado、Laredo(2012-12-09)
■音茶楽Flat4-楓(2012-12-03)

◆Stage93 Stage 6(2012-11-26)
●GRADO SR60i(2012-11-19)
◇Astell&Kern AK100-32GB-BLK(2012-11-15)
●オーディオテクニカ ATH-WS99(2012-11-10)
■アトミック フロイドPowerJax+Remote(2012-10-29)

◇VORZUGE VorzAMPduo(2012-10-26)
●ファイナルオーディオデザイン heaven VI(2012-10-16)
●beyerdynamic T 90(2012-10-08)
●GRADO GS1000i(2012-09-30)
●SENNHEISER HD 700(2012-09-16)

◆ACS T1 Live!(2012-09-11)
●オーディオテクニカ ATH-AD2000 ATH-AD1000(2012-09-03)
●GRADO RS1i、SR325is、PS500(2012-08-20)
◆FitEar MH335DW(2012-08-15)
●DIESEL VEKTR(2012-08-07)

◆カナルワークスCW-L51 PSTS(2012-07-30)
●Fischer Audio FA-002W(2012-07-25)
●Pioneer SE-MJ591(2012-07-16)
■GRADO iGi(2012-07-12)
●HiFiMAN HM-400(2012-06-26)

●Klipsch Reference One(2012-06-17)
●GRADO PS1000(2012-06-09)
●ULTRASONE edition 8(2012-06-02)
●PHONON SMB-02(2012-05-28)
■音茶楽Flat4-粋(SUI)(2012-05-20)

●<春のヘッドフォン祭2012>、Fischer Audio FA-004(2012-05-13)
◇Hippo Cricri、Go Vibe Martini+、VestAmp+(2012-05-04)
■ファイナルオーディオデザインheaven IV(2012-04-28)
■フィッシャー・オーディオ Jazz (2012-04-22)
●SHURE SRH1840 & SRH1440(2012-04-16)

■FitEar TO GO! 334(2012-04-08)
◆Unique Melody Mage(2012-03-26)
●Takstar PRO 80、HI 2050、TS-671(2012-03-20)
●klipsch Mode M40(2012-03-15)
■Fischer Audio DBA-02 Mk2(2012-03-07)

◆AURISONICS AS-1b(2012-02-27)
■UBIQUO UBQ-ES503、UBQ-ES505、UBQ-ES703(2012-02-21)
◆Heir Audio Heir 3.A(2012-02-15)
■moshi audio Clarus(2012-02-12)
◆Thousand Sound TS842(2012-02-08)

◆Heir Audio Heir 8.A(2012-02-01)
■CRESYN(2012-01-17)
◆Unique Melody Merlin(2012-01-08)
◆カナルワークスCW-L01P(2012-01-03)
■ファイナルオーディオデザイン Adagio(2011-12-31)

◆LEAR LCM-2B(2011-12-26)
●SOUL by Ludacris SL100、150、300(2011-12-23)
●AKG K550(2011-12-20)
■SENNHEISER IE80 & IE60(2011-12-16)
■DUNU(2011-12-14)

◆カナルワークスCW-L10(2011-12-12)
■オーディオテクニカ ATH-CK90PROMK2(2011-12-09)
◆Ultimate Ears UE 5 Pro(2011-12-06)
■REALM IEM856(2011-12-02)
■ファイナルオーディオデザインAdagio III(2011-11-26)

◇Ultimate Ears用交換ケーブルFiiO RC-UE1&オヤイデ電気HPC-UE(2011-11-25)
●Reloop RHP-20(2011-11-22)
■オーディオテクニカ ATH-CK100PRO(2011-11-14)
■SOUL by Ludacris SL99(2011-11-04)
■Fischer Audio Ceramique(2011-10-25)

■SHURE SE535 Special Edition(2011-10-21)
■JVCケンウッドHA-FX40(2011-10-16)
■BauXar EarPhone M(2011-10-10)
■SONOCORE COA-803(2011-10-02)
◆TripleFi 10 ROOTHリモールド(2011-09-25)

■AKG K3003(2011-09-18)
■Atomic Floyd SuperDarts+Remote(2011-09-11)
■Bowers & Wilkins C5(2011-09-06)
■Westone3(2011-09-02)
◆カナルワークスCW-L31(2011-08-26)

◇ORB JADE to go(2011-08-22)
■YAMAHA EPH-100(2011-08-14)
■NW-STUDIO(2011-08-09)
■NW-STUDIO PRO(2011-08-02)
◆FitEar MH334(2011-07-29)

◆ROOTH SE530×8(2011-07-26)
■Westone ES5(2011-07-21)
●SHURE SRH940(2011-07-17)
◆Ultimate Ears 18 Pro(2011-07-15)
■クリエイティブAurvana In-Ear3(2011-07-06)

◆カナルワークス CW-L01(2011-07-01)
■GRADO GR10&GR8(2011-06-25)
◇SAEC(サエク)SHURE SE用ケーブル(2011-06-21)
■フィアトンPS 20&PS 210(2011-06-17)
■ZERO AUDIO ZH-BX500&ZH-BX300(2011-06-11)

■フィリップスSHE8000&SHE9000(2011-06-03)
■アトミック フロイド(2011-05-26)
■モンスター・マイルス・デイビス・トリビュート(2011-05-20)
■SHURE SE215(2011-05-13)
■ファイナルオーディオデザインPiano Forte IX(2011-05-06)

■ラディウス・ドブルベ/ドブルベ・ヌメロドゥ(2011-05-01)
■ローランドRH-PM5(2011-04-23)
■フィリップスSHE9900(2011-04-15)
■JAYS q-JAYS(2011-04-08)
◇フォステクスHP-P1(2011-03-29)

■Klipsch Image X10/X5(2011-03-23)
■ファイナルオーディオデザインheaven(2011-03-11)
■Ultimate Ears TripleFi 10(2011-03-04)
■Westone4(2011-02-24)
■Etymotic Research ER-4S(2011-02-17)

■KOTORI 101(2011-02-04)
■ゼンハイザーIE8(2011-01-31)
■ソニーMDR-EX1000(2011-01-17)
■SHURE SE535(2011-01-13)
■ビクターHA-FXC51(2011-01-12)