ジャ・ルール、次はピンプ役で映画主演

ツイート
ラッパーとしてだけでなく、俳優としても活躍しているジャ・ルールの出演第11作目となる映画『Whoreson』について、AllHipHop.comが報じている。

『Whoreson』はDonald Golnes氏による同名の半自伝小説を原作とし、ジャ・ルール演じる主人公ジョーンズはデトロイトにて黒人の売春婦と名前も判らない白人との子として産まれ、16歳の時には冷徹なピンプとなり、売春婦を斡旋するというストーリーになっている。

ジャ・ルールは「(原作は)非常に興味を注がれる小説で、人々がのめり込めるような本当のハスリング・ストーリーだ」とコメントしている。また、監督は『Hoodlum(邦題:奴らに深き眠りを)』、『Deep Cover(邦題:ディープ・カバー/潜入捜査)』などのプロデュース、監督を務めてきたビル・デューク氏が務める。

K.Omae, LA
この記事をツイート

この記事の関連情報