ジャネット、アルバム売上不振で恋人がレコード会社を非難

ツイート
現在、ジャネット・ジャクソンのニュー・アルバム『20 Y.O.』のセールスが伸び悩んでいることに関して、ジャネット・ジャクソンのボーイフレンドであり、プロデューサーとしても同アルバムに携わっているジャーメイン・デュプリが発売元のヴァージン・レコードを非難していると、New York Daily Newsが報じている。

9月26日に全米リリースされたアルバム『20 Y.O.』だが、発売第1週目はニールセン・サウンドスキャンの調査で売上第2位にチャートインしていたものの、翌週には売上枚数が74%ダウンし、売上第9位と大幅に順位を下げた。

情報筋によると、ジャーメイン・デュプリはこのセールス状況に関して、発売元のヴァージン・レコードによって的確なマーケティングがされず、具体的には十分なラジオ・プレイがされていなかったことが原因であると主張し、ヴァージン・レコードを批判しているという。

また、現在、ヴァージン・レコードのアーバン・ミュージック部門の社長を務めているジャーメイン・デュプリであるが、今回の件を理由に自らの社長辞任をちらつかせているという。

K.Omae, LA
この記事をツイート

この記事の関連情報