50セント、「In Da Club」が著作権侵害裁判で勝訴

ツイート
50セントの大ヒット曲「In Da Club」の歌詞が著作権侵害にあたるとして訴えられていた裁判で、原告側の訴えを棄却する判決が下されたと、AP通信が報じている。

この裁判は2ライヴ・クルーの元リーダー、ルーサー・キャンベルの曲「It's Your Birthday」の歌詞を50セントが「In Da Club」にて盗用したとして、ルーサー・キャンベルの曲の権利を所有するLil' Joe Wein Music社が50セントを著作権侵害で訴えていたもの。

裁判所側は盗用したとされるフレーズが「一般的なものであり、独創性は無く、著作権が主張できないもの」と判断。さらに「最初のフレーズ以外の部分では作品としての類似性がほとんどない」とし、通常の人であれば2つの曲を混同することは無く、著作権侵害にあたらないとの判決を下した。

なお、原告の主張している盗用されたフレーズとは、「In Da Club」の曲の冒頭にある<Go shorty, It's your birthday>という部分で、ルーサー・キャンベルの曲「It's Your Birthday」では、<shorty>が<Sheila>となっている。

K.Omae, LA
この記事をツイート

この記事の関連情報