ジャーヴィス・コッカー、CSSのショウに飛び入り

ツイート
週末(12月8日)ロンドンで行なわれたCSSのショウに、元パルプのフロントマン、ジャーヴィス・コッカーがゲスト出演した。ブラジル出身のニュー・バンドCSS(Cansei De Ser Sexy)は11月末からベースメント・ジャックスのUKツアーをサポートを務めた後、、ロンドンのフォーラムでヘッドライン・ギグを行なった。

NME.COMによると、ショウがクライマックスを迎える中、シンガーのラヴフォックスは観客にその夜のスペシャル・ゲストを紹介したという。「彼のこと、友達って呼ぶこともあれば、恋人って呼ぶときもある。今晩はただ、ジャーヴィス・コッカーって呼びましょう!」ステージに登場したコッカーは、彼らのトラック「Alcohol」を一緒にパフォーマンスしたという。

“セクシーでいるのに疲れた”とのバンド名を持つCSSは、女性5人に男性1人から成るブラジル出身のニュー・バンド。シンガーのラヴフォックスは、今年の<NME Cool List>で10位に選ばれている。

Ako Suzuki, London
この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス