英チャート、マドンナとザ・クークスがトップに

twitterツイート
今週の英シングル・チャートは、ジャスティン・ティンバーレイクをフィーチャーしたマドンナの「4 Minutes」が先週の4位からランク・アップ、トップに輝いた。リリース後ひと月を経ての1位獲得、マドンナにとって13枚目のUKナンバー1・シングルとなった。

先週まで4週連続でトップだったEstelleの「American Boy」は2位に後退。先週2位だったサム・スパロの「Black & Gold」が押されるように3位へランク・ダウンした。

今週はヤング・ジーズィをフィーチャーしたアッシャーの「Love In This Club」(6位)、アークティック・モンキーズのアレックス・ターナーとラスカルズのマイルズ・ケインのサイド・プロジェクト、ザ・ラスト・シャドウ・パペッツのデビュー・シングル「The Age Of The Understatement」(9位)が新たにトップ10入りしている。

アルバム・チャートは、ザ・クークスの2ndアルバム『Konk』が初登場でトップを獲得。2位にはビルボード・チャートを制覇したレオナ・ルイスの『Spirit』が5位から再浮上。3位にはマライア・キャリーの新作『E=MC2』がチャート・インした。

先週トップだったダフィの『Rockferry』は4位に後退。5位にはスカウティング・フォー・ガールズのデビュー・アルバム『Scouting For Girls』が8位から再浮上している。

今週はザ・クークス、マライア・キャリーのほか、ヨーク出身の新人バンド、エリオット・マイナーのセルフ・タイトル・デビュー・アルバム『Elliot Minor』が6位に初登場した。

Ako Suzuki, London
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報