デヴィッド・ポッツ、初来日公演7月に決定

ツイート
1997年にピーター・フック(New Order/Joy Division)とのユニットMonaco(モナコ)として大成功を収めてから11年。ついにデヴィッド・ポッツの初来日となる<DAVID POTTS JAPAN TOUR 2008>が実現した。

ポッツィー本人の「ベストなライヴ・パフォーマンスを日本のファンに観て欲しい」という意向を尊重し、バックバンドも地元マンチェスターから同行するという。ドラムスは元Monaco/元Ramとしてポッツィーと共にマンチェスターのシーンを牽引してきた親友ポール・カホー。ポッツィーと同じ38歳の英国紳士だ。ベースは元Ram/現Quietlandの女性ベーシストとして活躍しているルイーズ・チャップマン。そしてマンチェスターミュージックに欠かせないキーボードはシンガーソングライターとしても活躍するサラ・ロウズという豪華メンバー。

気になるセットリストは、ソロ1stアルバム『Coming Up For Air』の楽曲を中心に、MonacoやRamも含めたキャリアを総括する最高のセットリストになる予定とのこと。

<DAVID POTTS JAPAN Premiere Live TOUR 2008>

◆東京公演
2008年7月14日
@O-NEST (渋谷)
開場:19時/開演:20時
前売りチケット:3900円(税込/All Standing/1DRINK別)
プレイガイド:ローソンチケット Lコード77197、ほか協力店にてチケット販売
主催:On The One (http://www.ontheone.jp/)
協力:KAFFREC (http://davidpotts.jp/)
後援:英国大使館 (http://www.ukjapan2008.jp/)

◆柏公演
2008年7月12日
@DRUNKARD\'S STADIUM(南柏)
開場:19時/開演:20時
前売りチケット:3900円(税込/All Standing/1DRINK別)
プレイガイド:ローソンチケット Lコード76558、ほか協力店にてチケット販売
主催:KAFFREC (http://davidpotts.jp/)
協力:DRUNKARD\'S STADIUM (http://www.drasta.jp/)
後援:英国大使館 (http://www.ukjapan2008.jp/)
この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス