レイザーライト、パブの屋上でパフォーマンス

ツイート
レイザーライトが金曜日(11月7日)、ロンドン/カムデンにあるパブHawley Armsの屋上でパフォーマンスした。彼らやエイミー・ワインハウスが常連だったHawley Armsは2008年2月に同地域で起きた火災の被害に遭い半焼。10月末、リニューアル・オープンした。

レイザーライトは、ただの常連というだけでなく、カムデンでギグがあるとここをバンドの拠点/バックステージとしていたそうだ。フロントマンのジョニー・ボーレル、ベイビー・シャンブルズのドリュー・マコーネルは夏に近くのクラブDingwallsでギグを行ない、パブの再建資金を募った。

NME.COMによると、レイザーライトはこの夜、前作からのヒット曲「In The Morning」でショウをスタート。数日前にリリースされたニュー・アルバム『Slipway Fires』からのトラックをまじえながら7曲パフォーマンスしたという。オーディエンスはパブ前の歩道からショウを楽しんだ。ちょうどこの時間、車でパブの前を通りかかったものの、何が行なわれているのか気づかず通り過ぎてしまったのは残念…。NME.COMによると、ザ・キラーズのドラマー、ロニー・ヴァヌッチィも観に来ていたそうだ。

レイザーライトは、デビュー・アルバム『Up All Night』をリリースするときにも、別の場所ではあるがパブの屋上でパフォーマンスしている。

『Slipway Fires』は今週、UKアルバム・チャートの4位に初登場した。

Ako Suzuki, London
この記事をツイート

この記事の関連情報