19のアルバム、“19プライス”で再リリース

twitterツイート
1999年にリリースした「あの紙ヒコーキ くもり空わって」の大ヒットで、世の中にその名を知らしめた19(ジューク)。2002年に人気絶頂の中解散し、時代を嵐のように駆け抜けていった彼らは、CDTVの“再結成して欲しいアーティストランキング”で3年連続1位を獲得するなど、いまだその人気は衰えていない。

彼らにとってデビュー10年となる2008年、10周年を記念して19のオリジナルアルバムが“19プライス”(税抜 1,900円/税込 1,995円)で11月19日に再リリースされる。再リリースされるアルバムは、「あの紙ヒコーキ くもり空わって」も収録され、100万枚を突破した『音楽』、オリコン1位を獲得した『無限大』、2000年シドニーオリンピックの公式応援ソング「水・陸・そら、無限大」収録の『up to you』の3作。どれも珠玉の名曲が揃った必聴の作品となっている。

また、現在ソロ活動を展開している岡平健治は、自身のデビュー10周年を記念して、11月21日に渋谷C.C.Lemonホールにて<健治祭>を開催する。ライヴでは19解散後にスタートしたバンド“3B LAB.★S”の曲から、ソロ曲、そして19時代の名曲まで、10年を振り返りつつ、これからの新たな岡平健治を余すことなく披露する予定となっている。

デビュー10周年記念イベント<健治祭>
11月21日(金)渋谷C.C.Lemonホール 18:00 / 18:30
11月29日(土)Zepp Osaka 17:00 / 18:00
チケット:5,500円
※Zepp Osakaは別途ドリンク代500円が必要となります。

◆iTunes Store 19(※iTunesが開きます)
◆岡平健治オフィシャルサイト
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報