のあのわ、歓喜のデビューイベントで“ゆめの在りか”を探す旅が始まった

ツイート
2月18日(水)にデビューアルバム『ゆめの在りか』をリリースしたチェロ弾きのボーカルYukko率いる期待の5人組新人バンド“のあのわ”が、メジャーデビューを記念したデビューイベント<歓喜のデビューイベント!~“ゆめの在りか”を探して~>をShibuya duo MUSIC EXCHANGEで行なった。

招待制のこのイベントには、関係者や招待客、そしてTOWER RECORDSで限定販売したプレデビュー盤「noanowa demo e.p.+」の購入者を含む約500人が集まり、スペシャルな一夜となった。

このイベントのために作られた、「のあのわ」のこれまでの歩みをロールプレイングゲーム風に描いたスペシャルムービーの上映からイベントはスタート。Yukkoがチェロを持つに至った経緯、メンバーの出会い、引きこもり時代の葛藤、そしてメンバーが全員揃い、メジャーデビューへの道を進んでいく過程が、見事にロールプレイング・ゲーム風にアレンジされた映像を観客は食い入るように見つめていた。

そして誰もが、のあのわのことをわかりかけてきたムービー上映後、メンバーがステージに登場し、ギターのフレーズが印象的な「たてがみ」からライヴはスタート。「こんばんは、“のあのあ”です。今日は楽しんでいってください」というYukkoの挨拶をはさんだ後は「little heart」「リズム」、そして「のあのわ」のエモーショナル側面を象徴する「ハク」と続いた。

のあのわの音世界は、一聴するととても摩訶不思議。繊細なギターのアルペジオ、ドライヴしたり支えたりと変幻自在に動くベース、時折ハッとする変拍子で度肝を抜くドラムス、多彩な音色で世界観を構築するキーボード。彼らの音の一粒一粒には色と匂いがある。決して奇をてらったものではなく、基本はあくまでもポップ。彼らの伝えたい音楽が確固としてあるからこそ、いま日本には無い個性的な音で勝負ができるのだ。

それは、ムービーで紹介されたように、メンバーが揃わなくて暗く過ごしていた“引きこもり時代”に、自分たちが本当にしたい音楽は何かということを問い詰めた結果、メンバーの肉体から立ち上った真実の声だからだろう。

そんななかでも、チェロを抱えたヴォーカリストYukkoの存在感は絶大。要所要所でチェロをアグレッシヴに弾きこなし、実に楽しげに、その得意のブレスを加えたヴォーカルを披露する。時には可愛く、時にはしっとりと、彼女にしか表現できない世界を全力で伝えてくる。

「“のあのわ”を今日まで支えてくれた人、そして今日ここに来てくださった皆さんに感謝と愛を込めて歌います。」

今の心情を自分の言葉で語ったYukkoのMCの後のラストは、のあのわがここに至るまでの全てのきっかけとなった表題作「ゆめの在りか」を熱唱した。観客は拍手喝采。誰もが、ステージを去る5人に暖かい拍手を送り続けていたのが印象的なライヴだった。

当初は本編のみで終了の予定だったが、会場からのアンコールの拍手が鳴り止まず、観客のリクエストに応える形で「ゆめの在りか」を再び演奏した。

「(予定になく勝手にアンコールをすることになったので)あとで怒られるかもしれません」といいながら笑顔を見せたYukkoの表情がこの日の全てを物語っていたように見えた。照明も完全に明るくなった中で演奏した「ゆめの在りか」は見た人に熱い記憶を残したに違いない。

のあのわの“ゆめの在りか”を探す旅はまだ始まったばかりだ。

◆セットリスト2009.2.17@Shibuya duo MUSIC EXCHANGE
M1.たてがみ
M2.little heart
M3.リズム
M4.ハク
-MC-
M5.ゆめの在りか
-アンコール-
M6.ゆめの在りか

◆「ゆめの在りか」は、TBS系テレビ全国ネット「CDTV」2月度エンディングテーマとしてオンエア中。

◆のあのわ、チェロ弾きの歌姫と万華鏡のアレンジで歓喜の歌を聞かせるデビューアルバム『ゆめの在りか』特集
◆iTunes Store のあのわ(※iTunesが開きます)
◆のあのわスペシャルサイト
◆のあのわオフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報