デブパレードが海外デブー(デビュー)

ツイート
総体重570kg、前代未聞の巨漢アイドル・バンド、デブパレードが、なんと海外デブー(海外デビュー)することが決定した。

2008年6月にメジャー・デブーしたデブパレードは、その持ち前のヴィジュアル・インパクト、そしてデブー・シングル「Body & Soul / cosmic mind」のクオリティの高さから、その注目度はヘヴィ級だった。

<SUMMER SONIC 08>をはじめとする全国各地のイベントに襲来。TX『ファイテンション☆テレビ』にてアニメーション・キャラクター化。ヴォーカルのハンサム判治はドラマにもレギュラー出演。コミック誌「スペリオール」連載中の漫画「世界の中心でくだをまく(仮)」にも登場するなど、常に話題を提供し続けた。

そんな彼らが、ついに沈黙を破り2ndシングル「バッチコイ!!!」を3月11日にリリースする。表題曲「バッチコイ!!!」は、なんとテレビ東京系アニメ『NARUTO-ナルト- 疾風伝』エンディング・テーマに大抜擢。

『NARUTO-ナルト- 疾風伝』といえば、日本だけに留まらず、海外でも非常に高い人気を誇り、2009の1月8日からはWEB上で海外向けての同日配信がスタートした。対象地域は北米を中心とし、条件の整った地域について順次視聴可能にしていくとのこと。

そうした背景もあり、「バッチコイ!!!」がエンディングとして初オンエアされた1月8日には、「バッチコイ!!!」ならびにデブパレードに対する問い合わせが相次ぎ、世界中の様々なサイト、掲示板などで話題沸騰だという。

このワールドワイドな反響、デブーム到来の予感を受け、2月17日に急遽海外リリース。 「バッチコイ!!!」と、カップリングに収録されている彼らの名刺代わりの1曲「GODS N' DEATH」の2曲を、デブパレードのソウル・フード“米”の国、米国にて配信限定でリリースされ、海外デブーを果たしたのだ。

「バッチコイ!!!」に「ごっつぁんです」…タイトル通りとてつもなくパワフルな海外での第一歩となった。“全ての武器をお箸に!”をスローガンに、愛と平和を訴えるデブ&ビーフなバンド、デブパレード。今後の彼らの活動に注目だ。

◆デブパレード・オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報