期待を遥かに超えたアツいパフォーマンスを繰り広げ、音の空襲とも言える凄まじい攻勢で白熱のライヴを繰り広げた、ヴァージニア出身のメタル・モンスター、ラム・オブ・ゴッドの来日公演。

普段はおしゃれでファミリー層にも居心地のよい赤坂サカスも、赤坂BLITZに結集した黒のバンドTシャツを着たメタラーで埋め尽くされ、辺りは異様な熱気。最高だ。

そんなラム・オブ・ゴッド、日本のメタラーをしびれさせている間に、最新アルバム『Wrath』の世界各国チャートが発表された。結果は下記の通り。

カナダ:1位
アメリカ:2位
オーストラリア:8位
日本:14位(洋楽チャート)
ノルウェイ:20位
イギリス:25位
オランダ:52位

なんとカナダでは1位を、そしてアメリカのビルボード・チャートでは2位を獲得してしまったではないか。アメリカで初登場8位を獲得した前作『Sacrament』からしても大幅に記録を更新。こんなにも容赦ないメタル・アルバムがビルボード2位だなんて…これぞまさしくYES WE CANだ。おう、お赤飯を炊きたい気分。ロックは不滅だ。