ジューン・ブライドの季節直前、“ベスト・ウェディング・ソング”配信開始

ツイート
もうすぐ6月。6月といえば“ジューン・ブライド”。そんな女の子にとっては憧れのロマンチックな季節を直前に控え、2009年の“ベスト・ウェディング・ソング”「Wonderful World」が5月20日より配信を開始する。

なぜこの「Wonderful World」が2009年の“ベスト・ウェディング・ソング”なのか。それにはちゃんと理由がある。

「Wonderful World」を歌うETERNITY∞は、“120万枚を超えるセールス実績をもつ、驚異の新人!!”、“究極の「ポップ・ミーツ・クラシック」を知るふたりの新プロジェクト!!”という肩書きを持ち、すでに音楽業界で話題騒然だ。というのも、このETERNITY∞、前回少し紹介したとおり、1995年の結成から2007年まで、あのスウィートボックスの全曲のプロデュース、ソング・ライティング(カヴァー曲を除く)を手掛けた天才プロデューサーGEO(ジオ)と、そのヴォーカリストとして活躍したジェイドによる新プロジェクトだからだ。

スウィートボックス最大のヒット曲であり、結婚式や披露宴、またそれらを特集するテレビ番組などでも頻繁にBGMとして使われ続けている「エヴリシング・イズ・ゴナ・ビー・オールライト」をはじめ、「シンデレラ」、「ライフ・イズ・クール」といった圧倒的な支持を集めるウェディング・パーティー・チューンを作り上げたジオによる新曲「Wonderful World」。そもそも披露宴で昔から定番とされてきた「パッヘルベルのカノン」がモチーフとなっているこの曲が、2009年の“ベスト・ウェディング・ソング”として十分過ぎる理由を持っているのは上記のことからも明らかだろう。

◆「婚活マニュアル」動画

しかし、「Wonderful World」が2009年の“ベスト・ウェディング・ソング”であるという理由はこれだけではない。奇しくも結婚活動、いわゆる“婚活”がブームとなっている昨今。“幸せな結婚をしたい”と望む女性に贈る“婚活でのお作法”を分かりやすく解説した「婚活マニュアル」動画がオフィシャルサイトなどで公開されている。もちろんBGMは「Wonderful World」。さらに見事婚活が成功し、結婚を控えた人たちに絶大な支持を得る情報サイト「結婚準備室」でも、6月1日よりETERNITY∞が大展開されることが決定。「Wonderful World」を軸に、婚活から挙式まで、一本の道のようにつながっているのだ。これぞまさしく“ベスト・ウェディング・ソング”。

というわけで、婚活真っ最中の人はもちろん、そろそろ婚活をはじめようかと思っている人、さらに婚活が成就して永遠の幸せを手に入れんとしている人まで、ETERNITY∞の「Wonderful World」とともに、ワンダフルな人生を歩んでいただきたい。なお、5月27日からはアルバム『エタニティ』全曲が先行配信開始。CDのリリースは6月3日だ。

◆レコチョク
◆ETERNITY∞ オフィシャルサイト
◆結婚準備室
この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス