ガエル・ガルシア・ベルナル、チープ・トリックのカヴァーで歌手デビュー

ツイート
ラテン映画界を代表するイケメン俳優ガエル・ガルシア・ベルナルが、2月20日公開のメキシコ映画『ルドandクルシ』で、チープ・トリックの「甘い罠(I Want You to Want Me)」のスペイン語カヴァーにより歌手デビューを果たした。

本作でガエルは歌手になる事を夢見ていながら、ひょんな事からサッカーのスター選手になり、ついでに歌手デビューも果たしてしまう青年役を演じている。映画本編では、劇中のあだ名「クルシ(ダサい自惚れ屋)」の名前どおり、嬉々として歌と踊りを披露する衝撃のビデオクリップも観られる。気になる歌唱力の方はというと…かなりトホホで、観てると思わず吹き出してしまいそうになる爆笑クリップになっていた。

このあえてダサダサの衣装と踊りで決めたPVは、またまたガエルファンの女子のハートを釘付けにしてしまうのだろう。ガエル本人はまんざらでもない様子で、堂々と歌いこなしているところが、妙に笑いを誘うのだ。

実際このダサダサに歌った曲が、メキシコ国内でヒットチャートの1位を獲得、YouTubeにアップされたPVは100万人が閲覧、勝手に作ったパロディ映像をアップする人も続出という社会現象になっている。まさに国民的ヒットとなったメキシカン甘い罠は、今では結婚式ソングの定番曲となるほどの特大ヒットとなってしまった。リリースとなった映画サウンドトラックにも収録されており、2月20日公開前に頭をラテンな気分に切り替えるには、最適の作品と言えそうだ。


バカバカしくも観終わった後にフィールグッドな気分になれる、映画『ルドandクルシ』、ガエル衝撃のデビュー曲と合わせて、真冬の日本を熱くさせてくれることだろう。

映画『ルドandクルシ』
2月20日(土)シネマライズ、新宿バルト9他、全国順次ロードショー
※ハリウッドのみならず世界を席巻するメキシコ出身監督たち、アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ、アルフォンソ・キュアロン、ギレルモ・デル・トロが立ち上げた製作会社「チャ・チャ・チャ・フィルムズ」の記念すべき第一弾製作作品。主演は『天国の口、終りの楽園。』でヴェネチア国際映画祭新人賞を同時受賞したガエル・ガルシア・ベルナルとディエゴ・ルナ。私生活でも無二の親友である二人が7年ぶりに共演、罵倒しあい喧嘩しあいながらも最後まで支えあう「ダメ兄弟」を抜群のテンポで演じている。監督は『天国の口、終りの楽園。』で脚本を手がけヴェネチア国際映画祭最優秀脚本賞を受賞したカルロス・キュアロン。滅法いいかげんでマジメな、ラテンテイスト満載の兄弟の姿に明日もなんとかなるさと励まされずにいられない、生きていくことへの愛しさに溢れたフィールグッド・ストーリー。

STORY:メキシコの片田舎、バナナ農園で働きながらうだつのあがらない生活を送っていた兄弟、ルドとクルシ。やがて二人はプロ・サッカー選手として成功し、これ以上は望めないほど順風満帆の人生を手に入れるがその運は次第に下降線をたどり始め…。
サントラ:ラテン・アメリカ、オルタナ・ポップ・シーンの人気アーティストが多数参加。劇中でガエルが歌いメキシコで大ヒットを記録したチープ・トリック「甘い罠(I Want You to Want Me)」スペイン語カヴァー他、映画にインスパイアされたラテン・アメリカを代表するアーティストたちのトラックを多数収録。
2008年/メキシコ映画/スペイン語/カラー/ビスタ/SRD・DTS/101分/原題:Rudo y Cursi PG-12
監督・脚本:カルロス・キュアロン(『天国の口、終りの楽園。』脚本・第58回ヴェネチア国際映画祭)
プロデューサー:アルフォンソ・キュアロン、アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ、ギレルモ・デル・トロ
撮影:アダム・キンメル
美術:エフへニオ・カバイェーロ
キャスト:ガエル・ガルシア・ベルナル、ディエゴ・ルナ、ギレルモ・フランチェラ
(C) 2008 CHA CHA CHA, INC. All rights reserved.
Photo:CARLOS SOMONTE
この記事をツイート

この記事の関連情報