オジー・オズボーン、3年ぶりのアルバム『スクリーム』登場

twitterツイート
実に40年以上のキャリアを持ちながら、攻めの姿勢を崩さないオジー。ステージを歩くスピードは年々遅くなっているものの、6月23日にリリースとなるアルバム『スクリーム』には、テンポの上がったドライビング・ナンバーが目白押しだ。

今回20年もの長きにわたってサウンドを共にしてきたザック・ワイルドと友好的に袂を分かち、今回は所属バンドの多さから世界で最も忙しいギタリストと称されるガス・G(ファイヤーウインド)を起用。かつ他のメンバーも一新(ブラスコ以外)。2007年リリースの前作『ブラック・レイン』と同じケヴィン・チャーコ(Kevin Churko)との共同プロデュースで制作された今作は、L.A.のホームスタジオ「ザ・バンカー(The Bunker)」にてレコーディングされた。

これまでのヘヴィーなグルーヴにキャッチーなメロディーがのるスタイルに加え、よりファストにアップテンポな曲が増え、1st singleとなる「Let Me Hear You Scream」には特にその傾向が如実に現れているようだ。「Let Me Hear You Scream」はUSにて現在視聴率No.1となっているドラマ『CSI ニューヨーク編』とのタイアップ曲となっており、先行プレミアとして曲の一部が映像とともにweb上で公開され、全米で早くから大きな話題となっている。

思えば、ザックが「おぅ、愛するオジー、俺以外のギタリストを使うだなんて…うぅ」といった可愛くも切ない呟きをTweetしていたのがちょうど1年ほど前だっただろうか。ランディ・ローズ、ジェイク、ザック…と若き才能溢れるプレイヤーを次々と発掘してきたオジーだが、今回は新人ではなく現役バリバリのガス・Gを伴侶に選んだことになる。

そういえば宮澤佑門くんは『スクリーム』に参加していないのか?いないか。

<オズフェスト>の主催や、リアリティ・ショーの先駆けとなり、当時のMTVの開局以来の高視聴率を叩き出した「オズボーンズ」で自らの家族との生活を公開するなどで話題を呼び、アーティストとしてだけでなくエンターティナーとして活躍、多くの新たなファンを持つオジーだけに、今作の注目度も非常に高いところ。

2010年自身の半生を振り返る「I AM OZZY」をUSで出版、New York Times Book Ranking2位を記録し、早くも映画化の話も出ている模様。日本語版は7月に発売予定となっている。

『スクリーム』
2010年6月23日発売 EICP1358 \2,520
◆オフィシャルサイト(海外)
◆オフィシャルサイト
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

amazon