サリー・セルトマン、新作『ハート・ザッツ・パウンディング』を語る

twitterツイート
iPodのTV-CM「1234(ワン・ツー・スリー・フォー)」で一躍スターダムにのし上がったのはファイストだけではなかった。あの曲のライターであるサリー・セルトマンも脚光を浴びることとなった。初のソロ・アルバムを発売するサリーにインタビューをしてみた。

――ファイストの「1234」を作ったのはどういうきっかけで?

サリー・セルトマン:ニュー・バッファローのファースト・アルバムは、カナダとアメリカではArts & Craftsからリリースされたので、北米をツアーして廻ったの。特にカナダではファイストのサポートだったのをきっかけに自然と友達になって音楽のことを始めにいろんな事を話すようになったの。そしてちょうどツアーが終わる頃にあの曲を書き上げていたので、歌ってみないかと彼女にたずねてみたの。ノート・パソコンを使って録音しただけだったんだけど、それを彼女はライブでもうたうようになって。段々気に入ってくれて彼女が少し手を加えて、新しい歌詞を足したりしたものをレコーディングしてアルバムに収録されたわけ。それが幸いにもiPodのCMに起用されて大ヒットというストーリー。

――あの曲が成功して、あなたはどう感じましたか?

サリー・セルトマン:驚いたわ。嬉しい驚きだったわ。彼女があの曲を使うかどうかさえわからなかったんですもの。彼女のバージョンもとても気に入っているし。

――あの曲を自分では歌わないの?

サリー・セルトマン:いまはまだその時期ではないような気がしているの。自分でもちょっと分からない部分もあるけどね。次のアルバムでは歌ってみようかしら?

――今、どちらにいらっしゃいますか?

サリー・セルトマン:シドニーよ。ここに住んでいるの。

――デビュー・アルバムが完成して、それが日本でもリリースされることについて、どんな気持ちですか?

サリー・セルトマン:日本でリリースされることになって嬉しいわ。アルバムが完成して、リリースされるのは嬉しいものよ。

――生まれ育った場所がどんなところか、教えて下さい。

サリー・セルトマン:うちは大家族で、姉が1人、兄が2人、弟が2人いるんで、郊外の大きな家で育ったの。家ではしょっちゅう音楽が流れていたし、私も子供の頃音楽やダンスや歌のレッスンを受けていたの。

――ご家族で楽器を弾かれる方はいらっしゃいますか?

サリー・セルトマン:姉がピアノを弾くし、兄の1人はベースを、もう1人はギターを、そして一番下の弟はドラムを叩いているの。

――あなたが音楽に興味を持ったのも、そういったことが大きく影響したのでしょうか?

サリー・セルトマン:そうね、生まれた時から母親がいつも歌って聞かせてくれていたので、音楽は私たちにとってとても大事なものだったの。今思えば、家がどれだけ音楽で溢れていたかがわかるわ。いつも誰かが歌ったり演奏したりしていたんですもの。

――あなたが音楽を始めたのはいつ頃ですか?

サリー・セルトマン:歌を始めたのはかなり小さい頃だったけど、ピアノのレッスンを始めたのは10歳の時だったの。そして、16歳の頃に独学でギターを始めたのよ。

――バンドなんかは?

サリー・セルトマン:ええ、18歳の時に親友と一緒にパンク・バンドを始めたの。結構メロディックだったけど、ペイヴメントやホール、ソニック・ユースといったバンドが好きだったのよ。このバンドで、私はギターを弾いていたの。

――今挙げられたバンドに影響を受けたと言えますか?

サリー・セルトマン:そうね、大好きだったんですもの。それと、ジュリアナ・ハットフィールドの最初のバンド、ブレイク・ベイビーズも好きだったわ。

――ザ・バングルスもお好きだったのでは?

サリー・セルトマン:ニュー・アルバムを作っていた時は、ザ・バングルスの曲をよく聴いたの。若い頃も聴いていたけど、特に今回のアルバムを制作中によく聴いていたのよ。

――デヴィッド・リンチの「ツイン・ピークス」もお好きだとか。

サリー・セルトマン:そう、「ツイン・ピークス」が大好きなの。デヴィッド・リンチの映画も好きよ。あのダークなところが好きなの。「ツイン・ピークス」の音楽も好きよ。
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

amazon