杏-ann-「ETERNITY」、レコチョク・クラブフルで1位獲得

ツイート
R&Bシンガー杏-ann-が、セツナ系純愛ソング「ETERNITY」でレコチョク クラブフル6/22付デイリーランキングで1位、同週間ランキングで2位を獲得していたことが分かった。

杏-ann-と言えば、HI-Dとのフィーチャリング曲でデビューした浜松出身の女性R&Bシンガーで、東海地区ではモデルとしても活躍。歌、そしてビジュアルの同時展開で人気が沸きだしていた。

そんな彼女の楽曲のキーワードは「泣メロ、切メロ、クラブ系」。着うたヒットのキーワードとして「泣きメロ・セツナ系」が定番としてあげられることは多いが、これに加え、「最近は、R&BやHIPHOPの要素を加えた「クラブ系」という要素が加わってきている」(メーカーディレクター)とのこと。R&B、HIPHOPにおけるアップテンポなビート感と哀愁系メロディー、そして日本語の歌詞の相性が良く、J-POPの新たなスタイルとして確立してきているという。

杏-ann-の場合、制作陣もR&B、HIPHOPを軸とするクラブ系に直結したプロデューサーが多く、特有の哀愁メロディーを得意としている。泣メロ、切メロ、クラブ系にはぴったりの相性だ。

7月3日には、渋谷クラブASIAで行なわれるSURF系ファッションブランド「インスピ」のパーティーにもゲスト出演が決まっている。

また、客演として参加の「memory / DJ MOTO feat Mr.OZ&杏-ann-」はインディーズ系の着うたサイト「トレジャーボトル」で1位となるなど、名古屋のウェッサイ系HIPHOPシーンとのコラボレーションも積極的に行なっている杏-ann-、セツナ系好きは要チェックだ。

トレンドウォッチャー
岡本立也

配信シングル「ETERNITY」/杏-ann

◆杏-ann- オフィシャルブログ
この記事をツイート

この記事の関連情報