ガガ、デビュー前の音源を全て買い取る

twitterツイート
米経済誌フォーブスによる「最もパワフルな世界の女性たち100人」ランキングで、ミシェル・オバマ米大統領夫人やヒラリー・クリントン国務長官らと並んでトップ10入りを果たすなど、もはや社会現象ともいえる大ブレイクを果たしたレディー・ガガ(Lady Gaga)が、オークションにかけられそうになったデビュー前の貴重な未発表音源をすべて買い戻したという。

これは米オンライン・オークションサイトのGotta Have It!が、14日に公表したもの。売りに出されそうになった音源は、彼女がレディー・ガガとしてデビューする前に制作された未発表のもので、ガガが本名のステファニー・ジャーマノッタ(Stefani Germanotta)として活動していた当時の最初のマネージャー、ボブ・レオーネ(Bob Leone)が出品。2002年制作のオリジナルデモ音源のCDや、2005年から2006年にかけて制作されたアルバムのCD5枚、2006年のパフォーマンス映像DVDの計7点が今月の6日から15日にかけてオークションにかけられる予定であったが、その前にレディー・ガガがすべて買い戻し、流出を阻止した。オークション運営会社側は、「彼女が買いたいとのことだったので、我々はボブ・レオーネの代理として購入を持ちかけたところ、取引が成立した」と説明。また、レオーネがこれらの音源を複製しておらず、また公に発表することもないと付け加えた。

オークションでは1点につき最低入札額1,000ドル(約8万円)を予定していたとのことだが、ガガが買い戻した際の金額は非公開となっている。

◆レディー・ガガ Artist Info(bmr.jp)
◆レディー・ガガ Artist Video(bmr.jp)
text by bmr.jp
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報