黒木メイサ、『青の祓魔師』からの熱烈オファーで新曲発表

twitterツイート

現在、ドラマ『幸せになろうよ』、映画『アンダルシア』等のヒロインを演じ、女優として大活躍中の黒木メイサ(23)が、TBS・MBS系列で放送中の人気アニメ『青の祓魔師(エクソシスト)』エンディング・テーマを担当することが発表された。黒木メイサがアニメのエンディングを歌うのは今回が初となる。

『青の祓魔師(エクソシスト)』は、加藤和恵の原作で『ジャンプスクエア』(集英社)にて2009年5月号から連載中。コミックは累計300万部を突破する等、日本のみならず世界各国からも注目が集っている作品だ。

その人気作品の新エンディング・テーマとなる黒木メイサの新曲のタイトルは「Wired Life(ワイヤードライフ)」。“絡まった人生”という意味深なタイトルも話題になりそうなこの楽曲は、7月10日放送回からオンエアされる予定。

今回、黒木メイサがエンディングを担当することになった経緯は、アニメサイドからの熱烈オファーによって実現したものだそう。黒木メイサが放つ凛とした強さと存在感が、物語と強くリンクしたことと、2008年の歌手デビュー以来、一環して「人間の強さ」「絆」を表現してきたメイサの音楽性と姿勢に、アニメプロデューサー陣が惚れ込んだことで、メイサを逆指名。それに応えるかたちで、メイサは物語にそった楽曲制作を“R&B界の若き巨匠”とも言われるNao'ymtと共に行ない、新曲「Wired Life」を完成させたのだという。

アニメプロデューサーは、「今回『青の祓魔師』の主題歌を引き受けて頂き誠に光栄です。黒木メイサさんの持つ、人としての強さと魅力は、運命に抗い仲間とともに強くなろうとする主人公に通じるものがあり、「Wired life」が作品の世界観をより広げてくれる楽曲であることに感謝しています」とコメントしている。

黒木メイサは、2010年に発表したシングル「LOL!」が40万ダウンロードを突破するヒットとなり、その直後に初の単独ライヴも成功。2011年1月にリリースした1stアルバム『MAGAZINE』はオリコン・ウィークリーチャートで初登場6位を記録し、歌手としての人気・実力も実証済み。

そして、リリースの度に、女優活動では見ることのできないユニークなファッションとダンスが注目を浴びているだけに、今回の新曲では果たしてどのような衣装とダンスを披露してくれるのか楽しみだ。

5th single
「Wired Life」
・発売日未定(9月頃発売予定)
・収録曲未定

TBS・MBS系列『青の祓魔師(エクソシスト)』
毎週日曜日午後5時より放送中
◆『青の祓魔師』オフィシャル・サイト
◆黒木メイサ オフィシャル・サイト
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報