エルトン・ジョン、マドンナへの攻撃止まらず

twitterツイート
ゴールデン・グローブ賞で口火を切ったエルトン・ジョン VS マドンナ抗争。またもやエルトンが痛烈な一言を放った。

両者は2012年、ゴールデン・グローブ賞の最優秀オリジナル・ソング部門にノミネートされていたが、レッド・カーペットでお互いのことを侮辱し合った上、マドンナが受賞するとエルトンの夫デヴィッド・ファーニッシュは「マドンナが最優秀ソングだって??? ふざけるな! 彼女が選ばれたってことで、ゴールデン・グローブ賞には何の価値もないことが証明された」とのコメントを出していた。

その後、ファーニッシュは謝罪したが、エルトンはマドンナへの反感を隠すつもりはないらしい。今回のエルトンは、アメリカのTV番組『Good Morning America』で、「スーパーボウルのハーフ・タイムでパフォーマンスするマドンナへ何かアドバイスは?」との質問に「口パクをうまくやるように」と答えた。

エルトンは8年ほど前にQアワーズを受賞した際のスピーチでも、「マドンナが最優秀ライヴ・アクト? ファックオフ! いつから口パクがライヴになったんだ?」と侮辱したことがある(マドンナはその年、受賞はしなかったものの、最優秀ライヴ・アクトにノミネートされていた)。両者の不仲は根が深い。

Ako Suzuki, London
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報