ザ・ローリング・ストーンズ、50周年記念公演2日目のゲストはエリック・クラプトン

ツイート
木曜日(11月29日)に開かれるザ・ローリング・ストーンズの50周年記念ロンドン公演2日目に、エリック・クラプトンとフローレンス・ウェルチ(フローレンス&ザ・マシーン)がゲスト出演することが発表された。

◆ザ・ローリング・ストーンズ画像

日曜日(25日)に行なわれた初日にはジェフ・ベックとメアリー・J.ブライジが参加。メアリーは「Gimme Shelter」で、ベックは「Going Down」で共演した。2日目にしてロンドンでの最終公演となる29日、クラプトンがどの曲でジョインするか楽しみだ。

クラプトンは1970年代半ばにミック・テイラーが脱退した際、ザ・ローリング・ストーンズへの加入を望んでいたといわれる。キース・リチャーズは以前、こう話していた。「エリックはミック・テイラーのあと、俺らにジョインしたいって思ってたんだ。でも、そんなこと口にしなかった。あいつは俺たちが連絡入れるのを期待してたんだ。俺にしてみれば“なんでお前がしてこない?”って感じだったよ」「バンド・プレイヤー向きの奴とそうじゃない奴がいる。もし俺より怠け者って奴がいるとしたら、それはエリックだ。あいつの尻を叩いて、一緒にプレイしてくれるような連中を雇う必要がある」

ザ・ローリング・ストーンズはロンドンの後、ニューヨークで3公演を開く。

Ako Suzuki, London
この記事をツイート

この記事の関連情報