LUNA SEA、2012年最後の公演を完走

twitterツイート

12年ぶりのLUNA SEA全国ツアー<The End of the Dream ZEPP TOUR 2012「降臨」>13公演を終えたLUNA SEAが、年をまたぐアリーナツアー<LUNA SEA LIVE TOUR 2012-2013 The End of the Dream>の初日となる大阪城ホール公演と、仙台サンプラザホールで開催された東日本大震災復興支援ライブ<LUNA SEA For JAPAN A Promise to The Brave 2012 in Sendai>の2公演をそれぞれ12月23日と24日に行ない、年内最後の公演を無事完走した。

◆<LUNA SEA LIVE TOUR 2012-2013 The End of the Dream> <LUNA SEA For JAPAN「A Promise to The Brave 2012 in Sendai」> 画像

まず、23日は大阪城ホール。360度1万2000人を越える観客が会場を埋め尽くしたライブは、メンバーが前後左右と自在に動き回り、ホール全体に巨大なグルーブを生みだす。RYUICHIが事前に語っていたように、ステージ後方の観客はメンバーが普段実感している客席の盛り上がりを目の当たりにしたに違いない。ライブはつい先週までおこなわれていたライブハウスツアーの勢いをそのままアリーナに持ち込んだような激しいライブとなった。

そして、24日は仙台サンプラザホール。クリスマスイブのこの日は、復興支援ライブということで、会場以外にもライブビューイングを国内30館、海外(香港、台湾)8館で実施。さらにはニコニコ生放送でも同時中継され、それぞれの売り上げの一部が寄付されるということで、多くの参加者とともにライブが行なわれた。

ライブでは、RYUICHIが「俺たちにできることは音楽を通して支援していくこと。これをこれからもずっと続けていきたい」と決意を語ると大きな拍手が。アンコールではクリスマスということで「White Christmas」をプレゼントするなど、クリスマスイブに集まったファンを大満足させるライブとなった。なお、この公演の模様は、ニコニコ生放送で2013年1月30日までタイムシフト視聴が可能だ。

LUNA SEAの年内のライブツアーはこれで終了したが、このツアーで日々語られてきたのは、ここからまた新しいLUNA SEAが始まり、そして今が最強のLUNA SEAであることを、何よりもメンバー自身が強く感じているということ。2013年、年明け1月11日より日本武道館6days、さらにはアジアツアーへと続いていく中、今、何かを取り戻し、さらなる未来へと踏み出したLUNA SEAが、現代のロックシーンに巨大な一石投じるであろうことは、もはや疑いようがない。

なお、1月20日に開催される<LUNA SEA LIVE TOUR 2012-2013 The End of the Dream>日本武道館ファイナル公演は、WOWOWでの生中継も決定している。

【パネル展情報】
アクアシティお台場に5m巨大LUNA SEAビジュアルが登場
デビュー20周年記念して、デビューから現在までのシングル告知ポスター&アルバム告知ポスターを展示
また、通販限定購入のキャンパスCDを見本展示&2012年12月19日リリース『LUNA SEA CONCERT TOUR 2000 BRAND NEW CHAOS ~20000803 大阪城ホール~』上映会も実施

開催期間:2013年1月21日(月)まで
開催時間:
平日10:30~23:00
日祝10:00~21:00
土曜10:00~オールナイト終了まで
年末年始:12月22日~2013年1月6日 10:00~
開催場所:アクアシティお台場 メディア-ジュ1F アトリウム広場

さらに、アクアシティお台場 メディアージュ4FではLUNA SEA初の五感で楽しむエンターテインメントLUNA SEA Presents LUNA DINER(ルナダイナー)期間限定開催中

◆LUNA SEA オフィシャル・サイト
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報