【BARKS編集部レビュー】低価格カスタムIEMを提供し続けるearmoから、決定版Tune5登場

ツイート

低価格カスタムIEMを提供し続ける埼玉県川口駅前のハーモニー補聴器が、11月に入ってearmoの新製品として突如Tune5という2ウェイ2ドライバーの新製品を発表した。

◆earmo Tune5画像

▲earmo Tune5。

▲earmoの最大の特徴は、オーダー時に様々な相談に乗ってくれることと、それを最大限に考慮し様々なチャレンジも可能にしてくれること。AcuPass 1723もベント有無を選べたり、カナル部の長さを好みに合わせたりと、ほんとうの意味でカスタムを受け付けてくれる懐の深さがある。私の場合は外耳道第2カーブまで到達する最大限の長さで作ってもらった。ここまで来ると外耳道閉鎖効果も回避され閉管共振も可聴域外へ追いやることができ、澄み切ったサウンドが得られる(気がする)。

▲コンパクトながら持ち運びに調度良いキャリングケース。ポケットにクリーニングブラシも同梱している。



先日紹介したTune4は、ズバリEtymotic Research ER-4Sサウンドを再現したクリーン&シャープな切れ味鋭いサウンドだったが、Tune5と名付けられたこのモデルは、昨今のトレンドのど真ん中を直球でぶち込んできたニューカマーだ。私個人としては、earmoの中で最もお薦めしたいモデルとして急浮上してきたオススメモデルである。

Tune5の魅力であり最大の特徴は、注目のドライバーSONION AcuPass 1723を搭載している点だ。世界中で人気を博しており、そのサウンドはすでに折り紙つき。大多数の人々から好かれるであろう、明朗活発なトーンを聞かせてくれるモデルとなっている。

適度な量感を持つ低域と無理のない高域の伸びを持ち、最大公約数をとったようなわかりやすく心地よいサウンドが特徴で、嫌味なピークや気になるクセがない。もちろん、しっかりとした解像度も持ち合わせ、それでいて聴き疲れを起こさない絶妙なバランスで完成されているのが、AcuPass 1723が高評価を得ている最大の理由だと思う。

これまで、低域の押し出し感は強くも高域の量感が少ないのが当初のearmoブランドのサウンド傾向だったが、人を選ばないTune5は、安定した評価を獲得し多くのearmoファンを生み出すことになるだろう。

もちろん、Tune5が万能というわけではない。人肌の温かさを感じさせる極上の聴き心地が最大の魅力だが、タイトさ・シビアさ・ストイックさは特筆するところではないので、ガッチリとした低域をガツガツ鳴らしたいという明確なイメージを持っていたり、スコーンと抜ける青空のような透明感あふれる高域の清々しさが欲しいなど、明確な個性やスパイスのかかった特徴のあるサウンドがほしいとなれば、AcuPass 1723×1発では応えきれないところとなる。昨今では、AcuPass 1723を中心にしながら、一部帯域を別ドライバーに受け渡してサウンドメイクするモデルも世界中で登場しつつあるので、earmoからもTune15やTune115といったネーミングでAcuPass 1723を核とした新たなモデルの登場が期待できるかもしれない。

初めての人、冒険ばかりを繰り返しベストパートナーと出会えていない人、安心できる中庸なバランスを求める人には、一にも二にもこのドライバーがおすすめだ。同様のサウンドを聞かせるカスタムIEMにはカナルワークスCW-L12があるが、世界基準のクリアシェルとデファクトスタンダードな2ピン仕様とヘビーなペリカンケースも必須というのであればカナルワークスCW-L12を、少しでも安価に、既存にはない突飛なデザインやデコレーションなどで思う存分遊びたいという思いがあればearmo Tune5がいいだろう。

オフィシャルサイトでは、Tune 5のキャッチコピーは「音楽も機器も選ばない万能型」とある。まさにその通り。そこには誇張も謙譲もなく、冷静な事実が書かれている。川口駅前のハーモニー補聴器に出向くことが出来ず試聴がままならなくとも、きっと期待には応えてくれるはずだ。

text by BARKS編集長 烏丸哲也

earmo Tune 5
・標準価格:51,450円(税込)
・スピーカー構成:2バランスドアーマチュアドライバー
・インピーダンス:75Ω/1kHz
・コード長:1.3m
・プラグ:φ3.5mm24k金メッキ L字プラグ
・付属品:クリーニングツール

ハーモニー補聴器
〒332-0012 埼玉県川口市本町4-1-8 川口センタービル1階
TEL:048-222-7801(代)
FAX:048-222-7801
営業:9:30~18:00
定休日:日曜・祝日
[問]info@earmo.jp

◆earmoオフィシャルサイト
◆BARKSヘッドホン・チャンネル
◆BARKS カスタムIEM専門チャンネル

BARKS編集長 烏丸レビュー(■イヤホン ●ヘッドホン ◆カスタムIEM ◇他)
●オーディオテクニカATH-OX7AMP(2013-11-23)
■音茶楽Donguri-欅(KEYAKI)(2013-11-17)

■オーディオテクニカ ATH-IM01~04(2013-10-27)
◇Astell&Kern AK10(2013-10-25)
●フィリップス Fidelio M1(2013-10-22)
◆earmo Tune4(2013-10-12)
◆Ultimate Ears Personal Reference Monitors(2013-10-05)

◆Sensaphonics 2XS(2013-09-30)
■Earsonics SM64(2013-09-23)
◆LIVEZONER41 LZ12(2013-09-15)
◆Ultimate Ears カスタムIEM全7機種(2013-09-08)
◆null audio Elpis(2013-09-03)

■FitEar Parterre(2013-08-25)
◆カナルワークスCW-L12(2013-08-17)
◆Livezoner41 LZ 4(2013-08-06)
■SHURE SE846(2013-08-02)
■オーリソニックスASG-2 with BassPort(2013-07-28)

■Hippo ProOne(2013-07-21)
◆カナルワークス CW-L51a(2013-07-13)
■EXS X10(2013-06-24)
■音茶楽Flat4シリーズ粋、楓、玄(2013-06-17)
◆LEAR LCM-1F(2013-06-10)

◇Ultimate Ears UEブーム(2013-05-28)
◇Stage93 93PC(2013-05-20)
●Meze Headphones(2013-05-08)
●Fischer Audio Jubilate(2013-04-29)
◇ORB JADE casa(2013-04-21)

◆lime ears LE3(2013-04-14)
◇雑誌「DigiFi 第10号」付録(2013-04-06)
●Ultimate Ears UE 9000、UE 6000、UE 4000(2013-04-01)
■開放型インナーイヤーイヤホンおススメ5モデル(2013-03-19)
◆LEAR LCM-5(2013-03-16)

●フィリップスFidelio L1(2013-02-25)
○スマホが与えた音楽リスニングのモラル変革(2013-02-17)
■Klipsch Image X7i(2013-02-04)
◆LEAR(2013-01-27)
◆カナルワークスCW-L05QD(2013-01-13)

◆earmo(2013-01-02)
◆Westone AC2(2012-12-25)
◇Stage93 93SPEC(2012-12-16)
●California Headphone Silverado、Laredo(2012-12-09)
■音茶楽Flat4-楓(2012-12-03)

◆Stage93 Stage 6(2012-11-26)
●GRADO SR60i(2012-11-19)
◇Astell&Kern AK100-32GB-BLK(2012-11-15)
●オーディオテクニカ ATH-WS99(2012-11-10)
■アトミック フロイドPowerJax+Remote(2012-10-29)

◇VORZUGE VorzAMPduo(2012-10-26)
●ファイナルオーディオデザイン heaven VI(2012-10-16)
●beyerdynamic T 90(2012-10-08)
●GRADO GS1000i(2012-09-30)
●SENNHEISER HD 700(2012-09-16)

◆ACS T1 Live!(2012-09-11)
●オーディオテクニカ ATH-AD2000 ATH-AD1000(2012-09-03)
●GRADO RS1i、SR325is、PS500(2012-08-20)
◆FitEar MH335DW(2012-08-15)
●DIESEL VEKTR(2012-08-07)

◆カナルワークスCW-L51 PSTS(2012-07-30)
●Fischer Audio FA-002W(2012-07-25)
●Pioneer SE-MJ591(2012-07-16)
■GRADO iGi(2012-07-12)
●HiFiMAN HM-400(2012-06-26)

●Klipsch Reference One(2012-06-17)
●GRADO PS1000(2012-06-09)
●ULTRASONE edition 8(2012-06-02)
●PHONON SMB-02(2012-05-28)
■音茶楽Flat4-粋(SUI)(2012-05-20)

●<春のヘッドフォン祭2012>、Fischer Audio FA-004(2012-05-13)
◇Hippo Cricri、Go Vibe Martini+、VestAmp+(2012-05-04)
■ファイナルオーディオデザインheaven IV(2012-04-28)
■フィッシャー・オーディオ Jazz (2012-04-22)
●SHURE SRH1840 & SRH1440(2012-04-16)

■FitEar TO GO! 334(2012-04-08)
◆Unique Melody Mage(2012-03-26)
●Takstar PRO 80、HI 2050、TS-671(2012-03-20)
●klipsch Mode M40(2012-03-15)
■Fischer Audio DBA-02 Mk2(2012-03-07)

◆AURISONICS AS-1b(2012-02-27)
■UBIQUO UBQ-ES503、UBQ-ES505、UBQ-ES703(2012-02-21)
◆Heir Audio Heir 3.A(2012-02-15)
■moshi audio Clarus(2012-02-12)
◆Thousand Sound TS842(2012-02-08)

◆Heir Audio Heir 8.A(2012-02-01)
■CRESYN(2012-01-17)
◆Unique Melody Merlin(2012-01-08)
◆カナルワークスCW-L01P(2012-01-03)
■ファイナルオーディオデザイン Adagio(2011-12-31)

◆LEAR LCM-2B(2011-12-26)
●SOUL by Ludacris SL100、150、300(2011-12-23)
●AKG K550(2011-12-20)
■SENNHEISER IE80 & IE60(2011-12-16)
■DUNU(2011-12-14)

◆カナルワークスCW-L10(2011-12-12)
■オーディオテクニカ ATH-CK90PROMK2(2011-12-09)
◆Ultimate Ears UE 5 Pro(2011-12-06)
■REALM IEM856(2011-12-02)
■ファイナルオーディオデザインAdagio III(2011-11-26)

◇Ultimate Ears用交換ケーブルFiiO RC-UE1&オヤイデ電気HPC-UE(2011-11-25)
●Reloop RHP-20(2011-11-22)
■オーディオテクニカ ATH-CK100PRO(2011-11-14)
■SOUL by Ludacris SL99(2011-11-04)
■Fischer Audio Ceramique(2011-10-25)

■SHURE SE535 Special Edition(2011-10-21)
■JVCケンウッドHA-FX40(2011-10-16)
■BauXar EarPhone M(2011-10-10)
■SONOCORE COA-803(2011-10-02)
◆TripleFi 10 ROOTHリモールド(2011-09-25)

■AKG K3003(2011-09-18)
■Atomic Floyd SuperDarts+Remote(2011-09-11)
■Bowers & Wilkins C5(2011-09-06)
■Westone3(2011-09-02)
◆カナルワークスCW-L31(2011-08-26)

◇ORB JADE to go(2011-08-22)
■YAMAHA EPH-100(2011-08-14)
■NW-STUDIO(2011-08-09)
■NW-STUDIO PRO(2011-08-02)
◆FitEar MH334(2011-07-29)

◆ROOTH SE530×8(2011-07-26)
■Westone ES5(2011-07-21)
●SHURE SRH940(2011-07-17)
◆Ultimate Ears 18 Pro(2011-07-15)
■クリエイティブAurvana In-Ear3(2011-07-06)

◆カナルワークス CW-L01(2011-07-01)
■GRADO GR10&GR8(2011-06-25)
◇SAEC(サエク)SHURE SE用ケーブル(2011-06-21)
■フィアトンPS 20&PS 210(2011-06-17)
■ZERO AUDIO ZH-BX500&ZH-BX300(2011-06-11)

■フィリップスSHE8000&SHE9000(2011-06-03)
■アトミック フロイド(2011-05-26)
■モンスター・マイルス・デイビス・トリビュート(2011-05-20)
■SHURE SE215(2011-05-13)
■ファイナルオーディオデザインPiano Forte IX(2011-05-06)

■ラディウス・ドブルベ/ドブルベ・ヌメロドゥ(2011-05-01)
■ローランドRH-PM5(2011-04-23)
■フィリップスSHE9900(2011-04-15)
■JAYS q-JAYS(2011-04-08)
◇フォステクスHP-P1(2011-03-29)

■Klipsch Image X10/X5(2011-03-23)
■ファイナルオーディオデザインheaven(2011-03-11)
■Ultimate Ears TripleFi 10(2011-03-04)
■Westone4(2011-02-24)
■Etymotic Research ER-4S(2011-02-17)

■KOTORI 101(2011-02-04)
■ゼンハイザーIE8(2011-01-31)
■ソニーMDR-EX1000(2011-01-17)
■SHURE SE535(2011-01-13)
■ビクターHA-FXC51(2011-01-12)
この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス