【2013年をニュースで振り返る】BARKSニュース ライブレポTOP10

ツイート

2013年を振り返る年間ランキング。ライブレポートのTOP10は、というと、総合ランキングTOP10のうち8本がレポートという結果になったこともあって、総合ランキングとあまり変わらないものになりました。もっとも、各記事の文末に付いているシグネチャーを見ていただければわかるように、私が会場に足を運んでレポートしたものも幾つか含まれているので、公演を振り返りながら紹介していきましょう。

◆【2013年をニュースで振り返る】BARKSニュース ライブレポTOP10(30位まで)

まず1位は、Berryz工房が10周年を前にして初めて行なった日本武道館公演のレポート。しかもこれ、公演が11月29日で、記事公開は12月に入ってから。つまり、1ヶ月ないくらいの期間で1年で最も読まれた記事(総合ランキング1位)になってしまったという。そんな大変な期待を寄せていただいたわけですが、このレポート、みなさんの期待に応えることができたでしょうか? まぁ、語りたいことは多々あるわけですが、本公演について一言だけ述べると、2013年、初めて武道館単独公演を行なったBerryz工房(と、℃-ute)の存在は、ハロー!プロジェクトの後輩たちにはもちろん、武道館単独公演を目標に掲げる幾多のアイドルたちにとっても、大きな勇気につながったのではないかと思います。業界的に、デビュー3年目くらいで実現しないと、なかなかステージに立つことは難しいと言われる日本武道館。しかし、まもなく10年というタイミングで単独公演の切符を掴みとったのが、彼女たちなのです。

2位は浜崎あゆみ。ayuのライブは、やっぱりすごい。毎回きっちりと世界を作り上げて、ライブというよりも総合エンターテインメントショー。こんなステージができるアーティストは、日本にそうそういないわけで、ayuのライブに参加したことがない人は、間違いなく人生を少しだけ損してる。だからこそ、少しでも多くの、まだ参加したことがない人に、それに気づいてもらえるようayuのライブレポは書いてます。

あと、同い年として、ayuの素晴らしいステージを観るたびに、こっちも頑張らないといけないなぁ、という気持ちに勝手になってます。

3位は東方神起のドームツアーから東京ドーム公演のレポート。東方神起のライブは、パフォーマンスやMCやファンサービスなど見どころがたくさんあるので、たくさん詰め込んだレポとなっています。ですが、やっぱり何がすごいって今も昔もファンのパワーがすごい。開演でのレッドオーシャンは圧巻です。そして、そんなファンと一緒になってゲームをしたりして楽しんだというのが、7位のさいたまスーパーアリーナで開催されたファンクラブイベントの記事だったりします。

TOP3以外だと、GLAYがあったり、VAMPS主宰の毎年恒例<HALLOWEEN PARTY>記事があったり。なお<HALLOWEEN PARTY>関連では、photo-galleryにも大きなアクセスが集まりました。2013年の締めくくりに、出演者のコスプレを今一度確認するのも趣きがあっていいのではないでしょうか(幕張1日目の花魁HYDEとか)。

で、最後に触れておきたいのが、9位の三浦大知。<第36回 帝王賞>の日に行なわれたイベント記事ですが、この日は大雨の中で、かつ屋外ステージということで、イベント行きたくても行けない人も多かったはず。当日、私も流行りの風邪から復活したばかりで、実は少し迷ったりもしましたが、「行けないファンのみなさんのためにも伝えなければ!」という使命感のようなものを胸に、ずぶ濡れでシャッターを切りまくりました(なので、普段の大知くんの記事より写真は多めなのです)。

というわけで、2013年のライブレポートTOP10でした。BARKSは2014年も引き続き、「そうそう、こんなライブだった!」と参加したみなさんに共感してもらえるような、そして参加できなかったみなさんに「うわっ、行きたかったー!」と、後悔してもらえるような(笑)、そんな素敵なライブをレポートし続けたいと思います。

text by ytsuji a.k.a.編集部(つ)

1位Berryz工房が初の日本武道館公演。やっぱりあなたなしでは生きてゆけない
2位浜崎あゆみ、15周年ツアー終了。「また会う日まで、みんな笑顔でいてね。約束!」
3位東方神起、夢の5大ドームツアー閉幕。「東方神起のステージは、勇気、希望を伝えるために存在している」
4位GLAY、函館史上最大規模野外ライブが大成功「こういう光景を観せられると2回目もやりたいよね」
5位<a-nation 2013>最終公演。浜崎あゆみ、氣志團、倖田來未、AAA、May J.…豪華アーティストが夏の終わりを彩る
6位VAMPS主宰<HALLOWEEN PARTY 2013>、最終日に「また来年、会えたらいいね」
7位東方神起、10万人動員ファンクラブイベントで史上初の3年連続東京ドーム公演開催を発表
8位一夜限りの“Acid BREAKERZ Cherry”ライブに、まさかのhyde降臨
9位三浦大知、<第36回 帝王賞>開催の東京シティ競馬にてCMソング「Twinkle Shiny Star」初披露
10位モーニング娘。日本武道館公演でツアー完走。道重さゆみの言葉にメンバー涙

◆【2013年をニュースで振り返る】BARKSニュースTOP10特集

この記事をツイート

この記事の関連情報