【BARKS編集部レビュー】Meze 11 Deco、意中の女子へのガチプレゼントに

twitterツイート

世界的な人気を誇るフィギュアの羽生結弦選手がイヤホンのガチオタだったというほっこりネタを引き合いに出すまでもなく、スマホで音楽を楽しむ今、誰もがイヤホン/ヘッドホンを手にする時代となった。

◆Meze 11 Deco画像

▲Meze 11 Deco。軽くて使いやすい。左側に1ボタンのコントロール&マイクが付属している。

▲左がMeze 11 Deco、右が一足先に発売され高い評価を得ているMeze 11classics。ハウジングの木材、デザイン、ケーブルの材質が異なるが、両者の基本的なサウンドは同じ。

▲付属品はマカロンケースにイヤーチップ、カラビナが付属する。

…ということで、3月14日ホワイトデーに向けて意中の女子へのガチプレゼントに最適なイヤホンをご紹介したい。それがこのMeze 11 Deco。万が一、その娘が羽生選手もびっくりのイヤホンヲタだったとしても、期待を裏切るどころか、お株上昇をお約束する選りすぐりの1本である。

どうです、このフェミニンなルックス。単にイノセンスな純白なのではなく、ウッディーなハウジングがナチュレな彼女にぴったりではないか。天然木材は、淡くピンクがかった乳白色がキュートさを醸し出すビーチ材(ブナ)だ。ビーチ材は家具や食器などによく使われる強度と弾力性に富んだ木材。このあたりはプレゼント後のうんちくトークでご活用を。

もちろん、一番の売りはサウンドの素晴らしさだ。すでに高い評価を得ている同ブランド・イヤホンに11classicsがあるが、このMeze 11 Decoもそのサウンドとほぼ同一である。ドスバスドスバス激烈な低域を叩きだすパワー感を持っているのに、あまり下品ではない…むしろデリケートで細やかな印象すら持つサウンドが、大きなポイントとなる。ウッドベースが心地よい音質とでもいう感じか。

簡単にいえば、「さわやかな高域の清々しさと、しっかりと出ているボトムの強さ」が最大の特徴であり魅力だ。一方で厳しくみれば、ウィークポイントは中域の薄さあたりか。ただしここも捉え方次第で、肉感的な厚みは持ちあわせていないことを「野太さや迫力、グルーブ感などが希薄」とネガティブに捉えれば「中域が薄い」となるが、「スッキリと清楚で、清潔感のある瑞々しいサウンド」と見れば、それは「ボーカルの倍音部分を綺麗に表現するクール&ビューティーなトーン」とも表現できる。ようするに、この辺りは良し悪しというよりも好みの問題なので、評価が分かれるとすれば、この辺りのトーンニュアンスが焦点になりそうだ。

低音はボトムをしっかり支えるたっぷりの量感を持っているが、地を這うようなディープさではなく、少女のような軽やかさを持ち合わせている。各帯域がお互いに邪魔せずにそれぞれに分離して鳴っている印象で、よどみなくクリアだ。とは言え、スコーンと抜けるようなアメリカンな爽快さがあるわけではなく、ちょっとアンニュイなニュアンスも乗っている。個性的で面白いサウンドで、アメリカ西海岸の明るさというよりもヨーロピアンといったイメージであろうか。この感じ、余り見かけるタイプではないので、羽生選手にもぜひお薦めしておきたいところ。もう持っていたりして。

なお、Meze 11 Decoの使いこなしにはちょっとしたコツがあるようで、最低限の遮音性だけ確保するレベルで、耳穴にはそっと軽く差しこむくらいのセッティングが良好なサウンドバランスが得られる。もちろん外耳道の大きさや形状、そもそもサウンドの好みによって個人差の大きいところなので、一概にこれがベストと言うわけにはいかないけれど、ただ単に耳に強く深く差し込めばいいというわけでもなさそうだ。実はここ、重要なポイントで、イヤホンが持っている潜在能力を最大に引き出すかどうかは、使い手側での使いこなしにもかかってくる。それぞれにベストなサウンドと使い心地を探ってみてほしい。

いいところ三昧なので紹介に至ったMeze 11 Decoだが、残念な欠点もある。ケーブルのタッチノイズが大きく、ケーブルに触れるとゴモゴモワサワサとノイズが耳に届く。クリップで止めるか、ケーブルを耳にまわすようにSHURE掛けをすると一気にノイズが軽減するので、その点は一工夫が必要だ。

text by BARKS編集長 烏丸哲也

Meze 11 Deco
¥10,800(税込)
・Speaker size:8mm Neodymium
・Frequency response:17Hz-25KHz
・Sensitivity: 101+/-2dB At 1KHz1mW
・Impedance:14 Ohm
・Rated input power:3mW.
・Plug:3.5mm gold-plated
・付属品:ケース、イヤーチップ(S、M、L)


◆Meze 11 Decoオフィシャルサイト
◆BARKS カスタムIEM専門チャンネル
◆BARKSヘッドホン・チャンネル

BARKS編集長 烏丸レビュー(■イヤホン ●ヘッドホン ◆カスタムIEM ◇他)
◇Astell&Kern AK240(2014-02-22)
◆1964 EARS V6-Stage(2014-02-17)
◆カナルワークスCW-L32V(2014-02-09)

◇EarPeace HD(2014-02-02)
◆Noble Audio Kaiser 10(2014-01-19)
◆Clear Tune Monitors CT-300Pro(2014-01-04)
◇KLIPSCH KMC1(2014-01-01)
■DUNU DN-1000(2013-12-30)

◆Ultimate Ears Reference Monitors(2013-12-16)
◆Ultimate Ears 11 Pro(2013-12-08)
◆earmo Tune5(2013-12-03)
●オーディオテクニカATH-OX7AMP(2013-11-23)
■音茶楽Donguri-欅(KEYAKI)(2013-11-17)

■オーディオテクニカ ATH-IM01~04(2013-10-27)
◇Astell&Kern AK10(2013-10-25)
●フィリップス Fidelio M1(2013-10-22)
◆earmo Tune4(2013-10-12)
◆Ultimate Ears Personal Reference Monitors(2013-10-05)

◆Sensaphonics 2XS(2013-09-30)
■Earsonics SM64(2013-09-23)
◆LIVEZONER41 LZ12(2013-09-15)
◆Ultimate Ears カスタムIEM全7機種(2013-09-08)
◆null audio Elpis(2013-09-03)

■FitEar Parterre(2013-08-25)
◆カナルワークスCW-L12(2013-08-17)
◆Livezoner41 LZ 4(2013-08-06)
■SHURE SE846(2013-08-02)
■オーリソニックスASG-2 with BassPort(2013-07-28)

■Hippo ProOne(2013-07-21)
◆カナルワークス CW-L51a(2013-07-13)
■EXS X10(2013-06-24)
■音茶楽Flat4シリーズ粋、楓、玄(2013-06-17)
◆LEAR LCM-1F(2013-06-10)

◇Ultimate Ears UEブーム(2013-05-28)
◇Stage93 93PC(2013-05-20)
●Meze Headphones(2013-05-08)
●Fischer Audio Jubilate(2013-04-29)
◇ORB JADE casa(2013-04-21)

◆lime ears LE3(2013-04-14)
◇雑誌「DigiFi 第10号」付録(2013-04-06)
●Ultimate Ears UE 9000、UE 6000、UE 4000(2013-04-01)
■開放型インナーイヤーイヤホンおススメ5モデル(2013-03-19)
◆LEAR LCM-5(2013-03-16)

●フィリップスFidelio L1(2013-02-25)
○スマホが与えた音楽リスニングのモラル変革(2013-02-17)
■Klipsch Image X7i(2013-02-04)
◆LEAR(2013-01-27)
◆カナルワークスCW-L05QD(2013-01-13)

◆earmo(2013-01-02)
◆Westone AC2(2012-12-25)
◇Stage93 93SPEC(2012-12-16)
●California Headphone Silverado、Laredo(2012-12-09)
■音茶楽Flat4-楓(2012-12-03)

◆Stage93 Stage 6(2012-11-26)
●GRADO SR60i(2012-11-19)
◇Astell&Kern AK100-32GB-BLK(2012-11-15)
●オーディオテクニカ ATH-WS99(2012-11-10)
■アトミック フロイドPowerJax+Remote(2012-10-29)

◇VORZUGE VorzAMPduo(2012-10-26)
●ファイナルオーディオデザイン heaven VI(2012-10-16)
●beyerdynamic T 90(2012-10-08)
●GRADO GS1000i(2012-09-30)
●SENNHEISER HD 700(2012-09-16)

◆ACS T1 Live!(2012-09-11)
●オーディオテクニカ ATH-AD2000 ATH-AD1000(2012-09-03)
●GRADO RS1i、SR325is、PS500(2012-08-20)
◆FitEar MH335DW(2012-08-15)
●DIESEL VEKTR(2012-08-07)

◆カナルワークスCW-L51 PSTS(2012-07-30)
●Fischer Audio FA-002W(2012-07-25)
●Pioneer SE-MJ591(2012-07-16)
■GRADO iGi(2012-07-12)
●HiFiMAN HM-400(2012-06-26)

●Klipsch Reference One(2012-06-17)
●GRADO PS1000(2012-06-09)
●ULTRASONE edition 8(2012-06-02)
●PHONON SMB-02(2012-05-28)
■音茶楽Flat4-粋(SUI)(2012-05-20)

●<春のヘッドフォン祭2012>、Fischer Audio FA-004(2012-05-13)
◇Hippo Cricri、Go Vibe Martini+、VestAmp+(2012-05-04)
■ファイナルオーディオデザインheaven IV(2012-04-28)
■フィッシャー・オーディオ Jazz (2012-04-22)
●SHURE SRH1840 & SRH1440(2012-04-16)

■FitEar TO GO! 334(2012-04-08)
◆Unique Melody Mage(2012-03-26)
●Takstar PRO 80、HI 2050、TS-671(2012-03-20)
●klipsch Mode M40(2012-03-15)
■Fischer Audio DBA-02 Mk2(2012-03-07)

◆AURISONICS AS-1b(2012-02-27)
■UBIQUO UBQ-ES503、UBQ-ES505、UBQ-ES703(2012-02-21)
◆Heir Audio Heir 3.A(2012-02-15)
■moshi audio Clarus(2012-02-12)
◆Thousand Sound TS842(2012-02-08)

◆Heir Audio Heir 8.A(2012-02-01)
■CRESYN(2012-01-17)
◆Unique Melody Merlin(2012-01-08)
◆カナルワークスCW-L01P(2012-01-03)
■ファイナルオーディオデザイン Adagio(2011-12-31)

◆LEAR LCM-2B(2011-12-26)
●SOUL by Ludacris SL100、150、300(2011-12-23)
●AKG K550(2011-12-20)
■SENNHEISER IE80 & IE60(2011-12-16)
■DUNU(2011-12-14)

◆カナルワークスCW-L10(2011-12-12)
■オーディオテクニカ ATH-CK90PROMK2(2011-12-09)
◆Ultimate Ears UE 5 Pro(2011-12-06)
■REALM IEM856(2011-12-02)
■ファイナルオーディオデザインAdagio III(2011-11-26)

◇Ultimate Ears用交換ケーブルFiiO RC-UE1&オヤイデ電気HPC-UE(2011-11-25)
●Reloop RHP-20(2011-11-22)
■オーディオテクニカ ATH-CK100PRO(2011-11-14)
■SOUL by Ludacris SL99(2011-11-04)
■Fischer Audio Ceramique(2011-10-25)

■SHURE SE535 Special Edition(2011-10-21)
■JVCケンウッドHA-FX40(2011-10-16)
■BauXar EarPhone M(2011-10-10)
■SONOCORE COA-803(2011-10-02)
◆TripleFi 10 ROOTHリモールド(2011-09-25)

■AKG K3003(2011-09-18)
■Atomic Floyd SuperDarts+Remote(2011-09-11)
■Bowers & Wilkins C5(2011-09-06)
■Westone3(2011-09-02)
◆カナルワークスCW-L31(2011-08-26)

◇ORB JADE to go(2011-08-22)
■YAMAHA EPH-100(2011-08-14)
■NW-STUDIO(2011-08-09)
■NW-STUDIO PRO(2011-08-02)
◆FitEar MH334(2011-07-29)

◆ROOTH SE530×8(2011-07-26)
■Westone ES5(2011-07-21)
●SHURE SRH940(2011-07-17)
◆Ultimate Ears 18 Pro(2011-07-15)
■クリエイティブAurvana In-Ear3(2011-07-06)

◆カナルワークス CW-L01(2011-07-01)
■GRADO GR10&GR8(2011-06-25)
◇SAEC(サエク)SHURE SE用ケーブル(2011-06-21)
■フィアトンPS 20&PS 210(2011-06-17)
■ZERO AUDIO ZH-BX500&ZH-BX300(2011-06-11)

■フィリップスSHE8000&SHE9000(2011-06-03)
■アトミック フロイド(2011-05-26)
■モンスター・マイルス・デイビス・トリビュート(2011-05-20)
■SHURE SE215(2011-05-13)
■ファイナルオーディオデザインPiano Forte IX(2011-05-06)

■ラディウス・ドブルベ/ドブルベ・ヌメロドゥ(2011-05-01)
■ローランドRH-PM5(2011-04-23)
■フィリップスSHE9900(2011-04-15)
■JAYS q-JAYS(2011-04-08)
◇フォステクスHP-P1(2011-03-29)

■Klipsch Image X10/X5(2011-03-23)
■ファイナルオーディオデザインheaven(2011-03-11)
■Ultimate Ears TripleFi 10(2011-03-04)
■Westone4(2011-02-24)
■Etymotic Research ER-4S(2011-02-17)

■KOTORI 101(2011-02-04)
■ゼンハイザーIE8(2011-01-31)
■ソニーMDR-EX1000(2011-01-17)
■SHURE SE535(2011-01-13)
■ビクターHA-FXC51(2011-01-12)

twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス