すっかり年が明けて2015年ですが、ここで2014年、歌やライブだけでなくビジュアル面においても魅力的だったアーティストやアイドルをまとめたKawaiiカテゴリー(https://www.barks.jp/keywords/kawaii_girl_japan.html)における、年間のアクセスランキングTOP10をまとめてみました。

◆【2014年をニュースで振り返る】BARKSニュース アイドル・Kawaii (TOP30まで)

昨今、星の数ほどのアイドルたちが、日々、キュートな笑顔を振りまいています。が、しかし、そんなアイドルたちを蹴散らして、2014年のKawaiiカテゴリーで1位になったのは、久しぶりの写真集『7』を発売した谷村奈南。……まぁ、当然といえば当然です。ななむーは、2008年の音楽シーンを席巻した「JUNGLE DANCE」の頃からBARKSでも大注目&大人気でしたから。そんな彼女が写真集を出す、しかもたわわにぷるるん満載だっていうのなら、そりゃ注目集めるというものです。もちろん記者もこの写真集、持ってます。2冊。

2位はこちらも久々にTVで歌った後藤真希のニュース。徐々に芸能活動も再開し、ファンとしては再びごっちんの姿をいろんなところで目にすることができるのは嬉しい限りです。そして何より嬉しかったといえば、ごっちん入籍。大変な思いをしたぶんだけ、幸せになってほしい。これは後藤真希を愛するファンみんなの願いであります。ちなみに入籍のニュースは12位にランクイン。あと入籍直後のごっちんから直筆のサインを頂戴することができたのは、個人的に2014年最大のサプライズでした。

3位はえれぴょんが芸能界を引退という、ちょっと残念なニュース。しかしながら、新たな夢に向かっての、彼女の勇気ある決断に拍手を送りつつ、<また、そういう時期がきましたら、あらためて皆様にお伝えすることができるかもしれません。>という時期が来ることを期待しています。

4位から8位までは、Berryz工房、℃-ute、モーニング娘。'14、ハロプロ研修生と、ハロー!プロジェクト関連のアイドルたちのライブレポートが並びました。こちらはライブレポートの年間TOP10(https://www.barks.jp/news/?id=1000111274)のほうにまとめました。そして道重さゆみはすごかった。

注目は、9位と10位です。2014年に彗星のごとく歌手デビューし、年末の「第56回日本レコード大賞」では見事に最優秀新人賞を獲得した西内まりや。雑誌『Seventeen』のトップモデルにして“10代女子のなりたい顔”1位という、女の子たちから圧倒的な支持を受けつつ、さらに昔からの夢だった歌手になることを目指して、ボイストレーニング、ダンスレッスンはもちろん、ピアノやギターなどの練習も重ね続けてきた彼女。ギターはもちろん、先日のイベントではキーボードで弾き語りを披露するなど、これからがますます楽しみなアーティストです。

text by ytsuji a.k.a.編集部(つ)


◆【2014年をニュースで振り返る】BARKSニュースTOP10特集