ドクター・ドレーの息子、ようやく父役を演じることに

ツイート

ドクター・ドレーの息子で俳優/ラッパーのカーティス・ヤング(33歳)が、新作映画『Dogg Pound 4 Life』で父、ドレー役を演じることが明らかになった。

◆ドクター・ドレー画像

現在、アメリカで大ヒット中のN.W.A.のバイオグラフィー映画『Straight Outta Compton』では、アイス・キューブの息子O’shea Jackson Jr.が父を演じており、ヤングにもドレー役で出演するチャンスが巡ってきたが、プロデューサーの1人だったドレーがもっと経験のある役者を望んだため、実現しなかった。

しかし、それほど時をおかず、チャンスは再び訪れた。ヤングは、「『Straight Outta Compton』の続編はない。『Dogg Pound 4 Life』だ。僕は父を演じる。オフィシャルだ」とXXLmag.comに明かしたという。

『Dogg Pound 4 Life』は、ダズ・ディリンジャーとクラプトからなるザ・ドッグ・パウンドのバイオグラフィー映画。ディリンジャーが関与しており、現在、制作資金を調達中で、監督などはまだ決まっていないそうだ。

ヤングは12歳のとき、ドクター・ドレーが自分の父親であることを知り、20歳のとき初めて彼に会ったという。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報