【ライブレポート】つりビット、わーすたに大興奮。「可愛いオーラに押されて喋れなくなっちゃうの!」

ツイート

“歌って踊る釣りアイドル”つりビットが、3か月連続で行う2マンライブ<俺得だよ!全員集合!~原宿編・11月の陣~>を、先月に引き続き原宿アストロホールで23日に開催した。

◆つりビット、わーすた 写真

お互いのパフォーマンスがたっぷりと楽しめる2マンという事で、前回アイドルネッサンスを迎えての第一弾が大好評だったこの企画に今回招かれたのは、avexのアイドル専門レーベルiDOL Streetの第4弾グループとして結成されたわーすた。次世代正統派アイドルとして注目を集める2組が共演したこの日のライブは、ぎっしりと会場を埋め尽くしたファンはもちろん、リスペクトし合う間柄の両グループメンバーにとってもまさに俺得なライブとなった。

開演時間を少し回った所で、12月16日発売のシングル「ウロコ雲とオリオン座」の真っ白な衣装に身を包んだつりビットメンバー5人と、しっぽのついたメンバーカラーの衣装に猫耳というファンにはお馴染みのスタイルのわーすた5人が登場しオープニングトークがスタート。「つりビットさん大好きなのでちょっと緊張しているんですけど、全力で楽しんで行きたいのでよろしくお願いします」と坂元葉月(わーすた)がグループとして初の2マンに挑む気持ちを身振り手振りを交えながら一生懸命に話すと、小西杏優(つりビット)も「つりビットはホントにみんなわーすたさんの事が大好きなんですよ。わーすたさんのファンの方もつりビットのファンの方もどっちも大好きだよって方もみなさん最後まで盛り上がっていきましょうー!」とエールの交換のような意気込みを語り、会場は大きな拍手と歓声に包まれた。


本編のライブはわーすたからスタート。先ずは爽やかなハッピーチューン「Doki Doki♡today」で会場のグルーヴを上げると、次は一転セクシーなダンスがカッコいいジャジーなダンス曲「Zili Zili Love」を披露。廣川奈々聖と三品瑠香の表現力豊かな歌唱力を活かしたオリジナルナンバー2曲の畳み掛けで会場は一気にわーすた色に染め上げられた。

MCパートではいつも釣りたい魚を上げて自己紹介をするつりビットに合わせて、まぐろたたき丼(三品瑠香)、お寿司のサーモン(小玉梨々華)、フィッシュバーガー(松田美里)、サーモンのカルパッチョ、カレイの煮つけ(廣川奈々聖)、白身フライ(坂元葉月)とそれぞれが食べたい魚料理を入れて自己紹介。これにはお互いのファンからも笑いが起こっていた。


MCコーナーで場が和んだ後は「きっとFor You!」からiDOL Streetのナンバー、オリジナル曲含め一気に8曲をパフォーマンス。iDOL Streetデビュー候補生として鍛え上げてきた5人のエンターテインメントパワーと、それぞれのファンが入り乱れての熱気と歓声で一つとなったアストロホールは、ラスト「いぬねこ。青春真っ盛り」の「猫!猫!にゃんにゃんにゃん!」「犬!犬!、わんわんわん」のコール大合唱で昇天した。


フロアーの熱気が冷める間もなく続いてはつりビットが登場。1曲目から新曲「ウロコ雲とオリオン座」を投下し熱を引き継ぐと、MCではアイドル好きメンバー安藤咲桜のわーすた愛が爆発。「さっき曲のサビ前でコレやったんだけど気付いた?」とわーすたが挨拶の時にする手のサインポーズを作り「もうコレがやりたくてやりたくてしょうがなかったの!」と興奮気味に話すのをメンバーが必死に落ち着かせようと水を飲ませるが、「もっとわーすたさんと仲良くなりたいな、つりビットちょっとチキンだからね」と言うリーダー長谷川瑞の発言に「そうなの! 可愛いオーラに押されて喋れなくなっちゃうの!」とどこまでも止まらない様子。


2曲目はその安藤の「行くよー!」と気合の入った掛け声からの「スタートダッシュ!」そして「はじめのキモチ」。わーすたのパフォーマンスに触発されてか、いつもより心なしかメンバー全員の振りも大きくシャープに感じ、集まったつりビットファンも主催イベントという事で歌声がかき消されそうなほど力の入った声出しでライブを盛り上げていた。


その後「裸足のマーメイド」「GO!GO!!Fishing」と人気のアゲ曲でギアをトップに入れるとフロアーの温度も一気に頂点に達し、季節を意識したクリスマス曲で可愛い振りが楽しいナンバー「キメキメクリスマス」から最後はグループ内で毎年行われている釣りセンター試験の座を今年射止めた長谷川のセンター曲「ニガシタサカナハオオキイゾ」で本編は終了。祭りを終わらせたくないフロアーの大歓声の中、笑顔で手を振りながら5人はステージを去っていった。

アンコールは「サバイバルドリーム」「真夏の天体観測」という1stシングル収録の2曲。締めの挨拶もそこそこに、すぐさまわーすたメンバーをステージに呼び込むと大きな拍手の中ラストのトークパートへ。進行役の長谷川から今日の感想を聞かれた小玉梨々華は「本当に思い出に残るライブになりました」と答え、続いて振られたリーダーの廣川は「私つりビットさんが本当に大好きなんですけど、今日新曲が聴けたのが嬉しくて。あと実は1曲聴きたかった曲が」と「バニラな空」が聴きたかった事を告白。するとつりビットメンバーとフロアーのファンから一斉に「あぁー!」という声が上がり、それに後押しされるように「だからまたつりビットさんのライブに呼んでください」とわーすたリーダー自らがまさかの再演を直談判。この申し出に対しつりビットリーダー長谷川も「是非お願いします!」と笑顔で即答し、相思相愛の楽しい2マンの続きを最後に固く誓い合った。

お互いがファンでありライバルでもある次世代アイドルの2組。これを切っ掛けに2016年の新しいストーリーがそれぞれのグループで始まる予感がしたこの日のライブだった。

取材・文●山村哲也

   ◆   ◆   ◆

つりビットが3ヶ月連続で開催するアイドルとの2マンライブ<俺得だよ!全員集合!>は、来月12月20日にも原宿アストロホールにて開催される。12月の2マン相手にはAnge☆Reveの出演が決定している。


セットリスト<つりビットPresents 「俺得だよ!全員集合!~原宿編・11月の陣~ 」>

■わーすた
1.Doki Doki♡today
2.Zili Zili Love
3.きっとFor You!
4.黄昏バイシクル
5.キス kiss スキっ!
6.PAPAPAパステルカラー
7.ちいさな ちいさな
8.らんらん・時代
9.ワンダフル・ワールド
9.いぬねこ。青春真っ盛り

■つりビット
1.ウロコ雲とオリオン座
2.スタートダッシュ!
3.はじめのキモチ
4.裸足のマーメイド
5.Go! Go!! Fishing
6.キメキメクリスマス
7.ニガシタサカナハオオキイゾ
EN1.サバイバルドリーム
EN2.真夏の天体観測

この記事をツイート
365日、アイドルが作るアイドルメディア Pop'n'Roll 準備号創刊

この記事の関連情報