BOSS、アコギと歌の弾き語りに最適な専用アンプ2機種を発売

ツイート

BOSSからアコースティックギターと歌の弾き語り演奏に最適なアコースティックギター/ボーカル用アンプ、「Acoustic Singer Pro」と「Acoustic Singer Live」を発売される。

◆「Acoustic Singer Pro」「Acoustic Singer Live」 画像&映像

「Acoustic Singer Pro」、「Acoustic Singer Live」は、ピックアップを搭載したアコースティックギター用と、ボーカルマイク用の入力を独立して持つ2チャンネル仕様となっており、高音質かつパワフルなサウンドと最適な音量バランスで演奏が可能な、弾き語りに最適なアンプ。

アコースティックギターを迫力あるサウンドで再生するため、ウーファーとツィーターの2ウェイカスタム・スピーカーで構成するバイアンプ方式を採用し、ギター本来の自然な音色を表現する「アコースティック・レゾナンス」やギターの演奏に応じて自動でボーカルのハーモニーパートを作り出す「ハーモニー」、自身の演奏を録音/繰り返し再生してさらに演奏を重ねることができる「ルーパー」など、豊富な機能を搭載しているのが特徴だ。

また「3バンド・イコライザー」や「リバーブ」、不意なハウリングを除去する「アンチ・フィードバック」なども搭載しており、会場規模によって多彩な音作りに対応可能だ。なお、120W出力の「Acoustic Singer Pro」と60W出力の「Acoustic Singer Live」が用意されている。

▲「Acoustic Singer Pro」

▲「Acoustic Singer Live」

▲コントロールパネル(シリーズ共通)


「Acoustic Singer Pro」

2月11日(土)発売
オープン価格
■出力:20W■外形寸法:417(W)×358(H)×330(D)mm
■質量:14.5kg

「Acoustic Singer Live」

2月11日(土)発売
オープン価格
■出力:60W
■外形寸法:367(W)×314(H)×274(D)mm
■質量:10.5kg

◆BOSS 40周年記念サイト
この記事をツイート

この記事の関連情報