ドクター・ドレー、コンプトン高校に11億円寄付

twitterツイート

ドクター・ドレーが、故郷米カリフォルニア州コンプトンにある高校Compton High Schoolに新しいパフォーミング・アート施設を建設するため、1,000万ドル(約11億円)を寄付することを約束したそうだ。

◆ドクター・ドレー画像

ドレーは『LA Times』紙にこう話した。「僕のゴールは、子供たちへ彼らに値する機材や教育を提供することだ。パフォーミング・アーツ施設は若者がクリエイティブになれる場所となり、それにより、教養を深め、未来への明るい展望を見出す助けとなる」

施設にはデジタル・メディアの設備など最新の機材とテクノロジーを備え、1,200席ある劇場が建設される計画だという。同校だけでなく、コンプトン地域の活動全般に使われるそうだ。

ドレーは1,000万ドル寄付するだけでなく、建設費用の足りない分の寄付を募る活動も行なっていくという。2020年までに着工を予定している。

ちなみにドレーはコンプトン生まれだが、コンプトン高校の出身ではない。同校には、N.W.A.のバンド・メイトだったイージー・E、それにラッパーのゲームが通っていた。

ドクター・ドレーは2年ほど前、ビジネス・パートナーのジミー・アイオヴィンと連名で、南カリフォルニア大学へ7,000万ドルを寄付している。


Ako Suzuki
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報