【インタビュー】Awesome City Club「こっちに来てくれれば絶対に幸せにできるから一緒にいこう!」

ツイート

■少し肩の力を抜いた状態でバンドを眺めることが、良い方向に出ていると感じた
■執着が消えたことが今の自分にとって良いなと思えるポイントです


――『Awesome City Club BEST』は本当にいろんな曲が入っていて、Awesome City Clubの幅広さを味わえますね。続いて、今作の自身のプレイや音作りなどについても話していただけますか。

atagi:僕は最近良い意味で、このバンドに対する執着がなくなったというのがあって。いい加減さというのが実は大事だったんだなと思う瞬間が多々あるんです。ギター・プレイにしても、歌にしても。いい加減というか、少し肩の力を抜いた状態でバンドを眺めていて、それが良い方向に出ていると感じる。執着すると、いろんなことに腹が立つわけですよ。これが良くなかった、あれが良くなかった、もっと良くなる、もっと良くなる…みたいに考えてしまって、本当に大事なものが見えなくなったり、その場の何かを楽しむことが出来なくなってしまう。今回の「ASAYAKE」という曲は特にそうかもしれないけど、そういう執着が消えたことが今の自分にとって良いなと思えるポイントです。


▲『Awesome City Club BEST』初回限定盤(CD+DVD)


▲『Awesome City Club BEST』通常盤(CD)

――バンドに対する欲が消えたわけではなくて、些細なことに捉われないことが、より良いバンドになるということですね。

atagi:そう。だから、本当の課題は自分の中にあるというか。僕は必死になりがちだけど、必死になり過ぎると良くないことというのは本当にいっぱいあるんですよね。それに、今までの自分はAwesome City Clubはこうじゃないといけないとか、Awesome City Club のatagiとしてこうあるべきだといったことにすごく縛られていた気がするんです。それはバンドのカラーを固めるという意味では良いことだけど、表現の幅を狭めることに繋がってしまう。そういう状態から抜け出したことで、今後の自分はまた新しいところにいける予感があって、それを楽しみにしています。

――バンドと同じようにatagiさんも転換期を迎えていることが分かります。『Awesome City Club BEST』のボーカルに関しては、PORINさんも含めて表情の豊かさを見せつつ、常に温かみがあることが印象的です。

atagi:僕は、良くも悪くも我が強いほうではないんですよ。だから、そういう人間性が歌に出ているのかなと思います。あとは、ブラック・ミュージックのテイストを活かした曲が軸になっているけど、僕は極端に黒っぽい歌を歌う気はなくて。そういうニュアンスが合う時は寄せるけど、基本的に自分らしい歌を歌うようにしています。

PORIN:歌に関しては、歌唱力で圧倒するのではなくて、人を選ばずに、みんなに届くような素直な歌を歌いたいと思っているので、言われたような歌になっているのかなと思います。あとは、私は曲によって、歌詞によって、歌い方を変えるのが好きというか。こう歌いたいというのが、あまり無いんです。ディレクションされて、言われたように歌ってみるというのが好きなので、曲によって表情が全然違っていますね。それを楽しんでいるし、そういうスタンスがAwesome City Clubに合うなと思って。なので、『Awesome City Club BEST』の私の歌は、そういうところも楽しんでもらえると良いなと思います。


▲マツザカタクミ

マツザカ:atagiの歌の話とリンクするけど、僕らは立ち位置がちょうど良い気がするんですよ。いわゆる本格派ではないし、強力な個性とかを売りにしているわけでもなくて、親しみやすいというか。逆にいうと結果が出ないと苦しい場所で、そういうところで常に戦っていますけど。でも、そこで勝負する気概があるし、周りの人達もそこに期待して力を貸してくれていて。そういう中で、この2年間はどうやって突き抜けていったら良いんだろうと模索するときだったと思うんですよ。僕はプレイヤーとしても本格派ではなくて、ずば抜けたスキルを持っているわけではない。それで、レコーディングですごく苦労する時期もあったけど、最近は自分達が楽しくやっているところを、ちゃんとみんなに見てもらおうよというスタンスになって来て。そうなった時に、音を出しているだけでも楽しいという初心を思い出したんです。で、それが自ずと表現になっていくというか、プレイヤーが楽しんで演奏しているのが伝わることで良い音楽になる。テクニックを活かしたプレイや凝ったフレージングといったことはもうしないということではないけど、お客さんに楽しい気持ちになってもらうということが、Awesome City Clubにとってはすごく大事なファクターだなと思って。だから、そういうことを届けられるベースであり、演奏であり、ライブであるということを大事にしたいと思っています。

――マツザカさんとユキエさんが生み出す人間味のあるグルーブは、すごく心地好いです。今日皆さんの話を聞いて、デビューしてからの2年間でAwesome City Clubが大きく変化/進化したことを感じました。『Awesome City Club BEST』のリリースを経て、10月から12月にかけて行われる全国ツアーも楽しみです。

atagi:僕らはちょうど東名阪ツアーを終えたところなんですけど、今回はサポートメンバーを入れてライブをしたんですね。今の自分達が思っていること……それはポジティブなものも、ネガティブなものも両方あるんですけど、ネガティブなものをよりプラスの方向に転換できるイベントになったかなと思っています。聴いている人からしたら、“ただサポートメンバーが入っただけでしょう?”ということかもしれないけど、メンバーが受ける恩恵が本当に大きくて。今回の東名阪で得たものを引き継いで、10月のツアーではAwesome City Clubのライブはこういうあり方なんだということを、ちゃんと見せたいですね。そういうライブをすれば、より多くの人を巻き込めると思うので、そこが勝負かなと思っています。

PORIN:ワンマンはフェスとか対バン・イベントとかと違って、自分達の実力がもろに試される場だなと思っていて。それが一番のプレッシャーにはなるんですけど、フェスとか対バン・イベントで出会えたお客さんが来てくれるわけですよね。なので、そこにすごく愛情を感じるなと思っていて。それに応えたいし、ずっと応援してくれている人はもちろん、初めて来てくれるお客さんも信頼して、背伸びせず、無理せず、今の自分の実力をぶつけていけたら良いなと思います。

マツザカ:10月のツアーは、アッパーだったり、スタイリッシュだったり、世界観に惹き込んだりといった、いろんなレイヤーを見せられるライブになると思います。フェスに出させてもらったり、サポートメンバーを入れて東名阪を廻ったりした今年の夏を経て、今は本当にライブに自信があるんですよ。結果も出て来ていると思うし。そのうえで、10月のツアーは本当に勝負どころだなと思っていて。ファイナルはZepp Diver Cityですけど、そういう大きい会場で鳴らしたい曲もできて来ているし、今までのワンマン公演では演出面とかもいろいろこだわってやって来たので。そこを活かしてZepp Diver Cityでライブをして良かったね…ではなくて、もっと大きい会場でAwesome City Clubを観たいと思ってもらえるようなライブをすることを目指します。

取材・文●村上孝之

Awesome City Clubは、第一興商が強力プッシュする9月度D-PUSH!アーティストに決定。新曲「ASAYAKE」がカラオケ配信されている。また、カラオケ背景映像に「ASAYAKE」のミュージックビデオが期間限定で登場。さらに、カラオケ演奏の合間に放映される音楽情報コンテンツ「DAM CHANNEL」内のD-PUSH!コーナーにゲスト出演し、トークの花を咲かせてくれる。DAM express(目次本)でも、D-PUSH!ページにてインタビュー記事、アー写、ジャケ写が掲載されるなど、カラオケ店で大量の露出がある。お店に行ったときは必ずチェックしてほしい。


『Awesome City Club BEST』

8月23日(水)リリース
初回限定盤(CD+DVD)/VIZL-1217/\3,800+税
通常盤(CD)/VICL-64824/\2,800+税
【収録曲】
1. ASAYAKE
2. 青春の胸騒ぎ
3. 今夜だけ間違いじゃないことにしてあげる
4. Vampire
5. Don’t Think, Feel
6. pray
7. アウトサイダー
8. GOLD
9. Lullaby for TOKYO CITY
10. 涙の上海ナイト
11. 4月のマーチ
12. Lesson
13. Children

【初回限定盤DVD収録内容】
●Awesome Talks -One Man Show 2017- (2017. 5. 19 at Akasaka BLITZ)
Movin’ on
GOLD
Vampire
アウトサイダー
愛ゆえに深度深い
Sunriseまで
青春の胸騒ぎ
It’s So Fine
Don’t Think, Feel
今夜だけ間違いじゃないことにしてあげる
涙の上海ナイト
Action!

●Music Video
4月のマーチ Directed by Eri Sawatari (Qotori film)
涙の上海ナイト Directed by Kento Sasaki
アウトサイダー Directed by Atsunori Toshi(A4A)
GOLD Directed by Masakazu Fukatsu (1994 Co., Ltd.)
Lullaby for TOKYO CITY Directed by Toru Watanabe (Watanabe-ka)
Don’t Think, Feel Directed by Atsunori Toshi(A4A)
今夜だけ間違いじゃないことにしてあげる Directed by Atsunori Toshi(A4A)
青春の胸騒ぎ Directed by YOSHIROTTEN(YAR)

ライブ・イベント情報

<Awesome Talks -One Man Show 2017Autumn/Winter->
2017.10.28 (Sat) 宮城・仙台MACANA
 (問)NORTH ROAD MUSIC TEL:022-256-1000(平日10:00~18:30)
2017.11.02 (Thu) 広島・CAVE-BE
 (問)夢番地広島 TEL:082-249-3571(平日11:00~19:00)
2017.11.03 (Fri) 福岡・BEAT STATION
 (問)BEA TEL:092-712-4221(月-金11:00~18:00 / 第2・4土11:00~15:00)
2017.11.05 (Sun) 石川・金沢GOLD CREEK
 (問)サウンドソニック TEL:076-291-7800(平日10:00~18:00)
2017.11.12 (Sun) 香川・高松DIME
 (問)DUKE高松 TEL:087-822-2520(平日10:00~18:00)
2017.12.15 (Fri) 沖縄・那覇Output
 (問)Output TEL:098-943-7031

<Awesome Talks Acoustic Show 2017>
2017.09.20 (Wed) 福岡・The Voodoo Lounge
2017.09.21 (Thu) 京都・磔磔
2017.11.16 (Thu) 札幌・BFHホール

<イベント>
2017.09.02 (Sat) PARK
東京・渋谷WOMB
2017.09.09 (Sat) BAYCAMP 2017
神奈川・川崎市東扇島東公園 特設会場
2017.09.10 (Sun) GO OUT MUSIC CAMP2017
大阪・万博記念公園
2017.09.16 (Sat) New Acoustic Camp 2017
群馬県利根郡みなかみ町・水上高原リゾート200
2017.09.18 (Mon) FM Nagasaki SUNRISE STATION presents DAZZLING SOUND vol.1
長崎・DRUM Be-7
2017.09.23 (Sat) 中津川 THE SOLAR BUDOKAN 2017
岐阜県中津川市 中津川公園内特設ステージ
2017.10.09 (Mon) Eggs presents FM802 MINAMI WHEEL 2017
大阪・ミナミエリアライブハウス
2017.11.18 (Sat) CASINO★DRIVE 25th Anniversary LIVE
北海道・旭川CASINO★DRIVE


◆インタビュー(1)へ戻る
◆インタビュー(2)へ戻る

この記事をツイート

この記事の関連情報