デイヴ・グロール「ポール・マッカートニーが手術の手配をしてくれた」

ツイート

2015年夏、フー・ファイターズのフロントマン、デイヴ・グロールがステージから落下し足を骨折した際、ポール・マッカートニーが手術の手配をしてくれたそうだ。

◆フー・ファイターズ画像

グロールは、ポールがいなかったら「音楽をプレイしていなかった」のみならず、「いま歩いてもいなかった」と、彼に感謝している。

彼はオーストラリアの新聞『Herald Sun』のインタビューで、こう明かした。「俺が足を骨折した後、彼と彼の家族がロンドンで手術すべてを手配してくれたんだ。それにはいまでも感動してる。ポール・マッカートニーがいなければ、俺は音楽をプレイしていなかっただろう。だって、俺はビートルズのソングブックやビートルズのレコードに合わせてプレイしながら、ギターの弾き方を学んだんだから。それに、ポール・マッカートニーがいなかったら、俺はいま歩いてさえいなかったかもしれない。彼は名医を知っている」

ポールは、今週金曜日(9月15日)にリリースされるフー・ファイターズの新作『Concrete And Gold』にゲスト参加もしている。ポールは今回、ベースではなくドラムをプレイした。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス