【インタビュー】Tetsu [D’ERLANGER]、トリビュート盤を語る「まだまだ天国には行かない」

twitterツイート

■俺たちは未来しか見るところがない
■大事なのは過去よりも今、ここから先

──あと驚いたのは、作品が初期の時代に偏ることなく再結成以降の曲もトリビュートされてることで。

Tetsu:それに関する面白いエピソードがあって。この企画が動き出した時、MUCCの逹瑯から電話がかかってきたんです。「トリビュートアルバムを出すって噂を聞いたんですけど」って(笑)。で、彼らにもお願いすることになったんだけど、「どうせみなさん『LA VIE EN ROSE』とか『BASILISK』の曲を選ぶでしょうから、うちらは『CRAZY4YOU』をやりますよ」って。それを聞いて「なるほど、そういう考え方もあるか」と思って。lynch.は「XXX for YOU」をトリビュートしてくれたんだけど、彼らも「再結成後の曲をやりたかったんです」って。

──彼らの世代にとってのD’ERLANGERは、まさに現在進行形のバンドなんでしょうね。

Tetsu:そうなんでしょうね。おかげでラインナップも絶妙なバランスになりました。

▲『D’ERLANGER TRIBUTE ALBUM 〜Stairway to Heaven〜』初回プレス盤

▲『D’ERLANGER TRIBUTE ALBUM 〜Stairway to Heaven〜』通常盤

──トリビュートされた音源を聴いて、どんなことを思いました?

Tetsu:ひたすら興奮しましたよ。でも、不思議な感覚でもあったかな。自分たちがトリビュートする側だった時って、トリビュートする相手を喜ばせたい気持ちがあって。それを受け取る立場というのはもちろん嬉しいんだけど、それを今、自分も体験してると思うと、ちょっと不思議な気分でね。これはこの立場にならないとわからないと思います、楽しんでトリビュートしてくれた曲を聴いて、こっちも楽しくなるっていう感覚というのは。みなさんのいろんな感情とそれを受け取る僕らの感情がぶつかり合って爆発する、みたいな感じというか。

──あと、やっぱり強いのはみなさんのD’ERLANGERに対する愛情で。

Tetsu:ありがたいですよ。それこそ口ではなんとでも言えるじゃないですか。だけどやっぱりこうやって音になると……愛情を感じますね。いや、ほんとにありがとうって。それでいて、どの曲にもちゃんと自分たちらしさが必ずあって。例えばSORA(DEZERT/ドラム)のプレイは、過去のライヴ映像をどれだけチェックしたんだ?っていうぐらい僕のアレンジを色々と取り入れてるんだけど、最後の一箇所だけ自分らしさを解放してて。

──リスペクトがありつつ、ちゃんと爪痕も残そうとしてる。

Tetsu:どの曲もそうですよね。その人でしかできないアプローチや主張がある。そこが僕らにとっては一番楽しいところですね。

──D’ERLANGERに対する思いの強さと対抗心がぶつかり合う作品だと思うんです。そこまで参加ミュージシャンを突き動かすものがこのバンドにはあるっていうことで。それは何だと思いますか?

Tetsu:何がそうさせるか……。ああいうデビューをし、伝説的な解散をし、空白があり、いきなり復活をし、気づいたら10年やっていて。この……“気づいたら10年”っていうところの自信と……なんだろう? ちょっと暑苦しい言い方ですけど“みんなで頑張ろうよ”とか“今を大事にしたい”とか、そういう気持ちが詰まったトリビュートアルバムだと思うんですよ。変にメモリアルというか、記念盤みたいなものにはならず、“これからも続いていくぞ”みたいなものになってるというか。それは参加してくれたみなさんからも感じるし。つまり、“これから一緒に行くぜ”みたいな感じがあって。で、僕が思うに──これは勝手な憶測ですけど、バンドって“ないものねだり”というか。他のバンドが良く見えたりするんですよ。“あいつのところは順調だな”とか“あいつのところは仲がいいな”とか。そういういろんなことがある中で、でも”バンドって一緒だよな”ってことが言いたいんですよ。”俺たちは未来しか見るところがねぇんだ”というか。大事なのは過去よりも今で、ここから先で。そういう気持ちで今バンドをやってるから……なんですかね。

──そうですね。D’ERLANGERは伝説のバンドではなく、現在進行形のバンドだからだと思います。

Tetsu:そうですね。この“〜Stairway to Heaven〜”っていうタイトルをつけた時はすごく安易に“これだけのラインナップだから、俺らは天国でのんびりしようか”みたいな気持ちがあったんですよ。でも、完成した作品を聴いて“いやいや。まだまだ天国には行かねえよ?”って思わされて(笑)。

──対抗心がメラメラと(笑)。

Tetsu:そうです。バンドって最高だなって改めて思いましたし、天国になんて行かずにまだまだバンド続けたいって思った。とにかく、“まだ負けねえぞ”って(笑)。

◆インタビュー(3)へ
◆インタビュー(1)へ戻る
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

amazon