ザ・ダムド、T・ヴィスコンティを迎え、10年ぶりのアルバムを制作

twitterツイート

ザ・ダムドが、トニー・ヴィスコンティをプロデューサーに迎え、約10年ぶりとなるアルバムの制作を開始することを発表した。

◆ザ・ダムド画像

彼らは10月、NY・ブルックリンにあるスタジオへ入るそうだ。デヴィッド・ボウイやピーター・ガブリエル、エルヴィス・コステロなどの作品を手掛け、ヴィスコンティと共に、ボウイの最後のアルバム『ブラックスター』でグラミー賞最優秀アルバム技術賞(クラシック以外)を受賞したKevin Killenがエンジニアを務めるという。

また、スチュ・ウェストが脱退し、80年代バンドに在籍していたポール・グレイ(B)がレコーディングに参加することも明かされた。グレイは1980年にザ・ダムドに加入、4枚目のスタジオ・アルバム『The Black Album』(1980年)とそれに続く『Strawberries』(1982年)でプレイした。

ザ・ダムドの新作は、2008年の『So, Who's Paranoid?』以来、11枚目のスタジオ・アルバムとなる。2018年にはツアーを行なうことをすでに発表している。


Ako Suzuki
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報