<Red Bull Music 3Style>日本決勝、優勝はFUMMY

twitterツイート

世界各国を代表する凄腕DJたちが、NO.1の称号をかけてしのぎを削る<Red Bull Music 3Style>。その日本決勝となるジャパン・ファイナルが11月24日(土)、福岡・evoL by GRAND MIRAGEにて開催された。

◆<Red Bull Music 3Style Japan Final>画像

<Red Bull Music 3Style>は、制限時間15分内で3つ以上のジャンルをプレイして「創造性」「選曲」「スキル」「フロアの盛り上がり」の4項目を審査員が採点する世界大会だ。福岡で日本決勝が行われるのは今回が初となる。超満員の観客が見守る中、優勝の栄冠を見事勝ち取ったのは大阪を拠点に活躍するFUMMY。<Red Bull Music 3Style>と<DMC>の両大会で日本優勝という、国内最強のステイタスを誇る新王者が誕生した。

今大会のジャパン・ファイナリストに選抜されたのは、YB(熊本)、DJ Rondo(山形)、DJ TAMA a.k.a. SPC FINEST(札幌)、DJ SAM(静岡)、YUTO(青森)、FUMMY(大阪)という6名である。そのうちの半数以上がDJの世界大会を経験しているという、過去最高の実力者たちが雌雄を決する大会となった。


先発の5人が熱戦を繰り広げる中、最終の6番手で登場したFUMMYは世界標準のスキルと持ち前のショーマンシップを随所で発揮。終盤のヤマ場では「サザエさん」のトーンプレイや、ジャグリングをしながら寿司を喰うという驚愕のパフォーマンスを連発し、会場の流れを一気に引き寄せた。




2017年の日本王者で今回のジャッジも務めたDJ RINAは、「FUMMYさんには見事に裏をかかれましたね(笑)。選曲もオリジナリティもほぼ満点。世界戦でもサプライズを見せて欲しいと思います」とコメント。2013年に世界を制したSHINTAROも「今回の審査は(実力派ぞろいで)ハードでしたが、その中でFUMMYの作り出した衝撃的な瞬間はやはり凄かったと思います。他国のチャンピオンたちの腕前も見てきてるけど、FUMMYには世界優勝の可能性は十分にあると確信しています」と太鼓判を押した。

「まだ実感が湧いてないんですが、とにかく嬉しいし、ホッとしています。人と違う存在でありたいと常に心がけているので“あいつ誰や?”っていう存在感を見せつけたいですね」と語るFUMMYは、2019年に台湾で開催される世界決勝でネクストステージを目指す。


Photos (C) Suguru Saito/Red Bull Content Pool

<Red Bull Music 3Style Japan Final>


2018年11月24日(土)
会場:evoL by GRAND MIRAGE(福岡)
出演:
[SPECIAL GUEST & JUDGE]
SHINTARO (2013 World Champion)
PUFFY (2016 World Champion)
DJ RINA (2017 Japan Champion)

[GUEST DJ]
DJ B=BALL (2015 Japan Champion)
DJ MESMERIZE

[MC]
FLIPOUT & MC 剛

[JAPAN FINALIST]
YB(熊本)
DJ SAM(静岡)
YUTO(青森)
FUMMY(大阪)
DJ Rondo(山形)
DJ TAMA a.k.a. SPC FINEST(札幌)

twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報