ブライアン・ウィルソン、“精神的に不安定”なためツアーを延期

ツイート

ブライアン・ウィルソンが、精神的に不安定なため6月に予定していたツアーを延期すると告知した。

◆ブライアン・ウィルソン画像

ブライアンは木曜日(6月6日)、以下のような声明を出した。

「親愛なる友人たちへ

非常に残念なことに、6月に予定していたツアーを延期しなくてはならない。

僕が長年、心の病を抱え生きてきたのは周知の事実だ。耐え難い時期もあったが、医師や治療に加え、家族、友人、ファンのサポートのおかげで、僕は健康的で実りある素晴らしい人生を送ることができている。

知っているかもしれないが、この1年くらいの間で僕は3回、背中の手術を受けた。手術は成功し、しばらくぶりに身体的には強くなった。

しかしながら、最後の手術の後、奇妙な感じがするようになり、しばらくの間怖い思いをした。自分自身じゃないような気がした。精神的に不安定とでも言っておこうか。何が原因なのかわからない。でも、いまツアーに出るのはよくないのはわかり、ロサンゼルスへ戻ることにした。

何が何でもこれらの公演をやろうと考えていたし、パフォーマンスを再開するのを楽しみにしていた。スタジオに入り、バンドとレコーディングやリハーサルをし、気分も良くなっていた。でも、じわじわと戻ってきた。自分の頭の中に浮かぶことと闘い、思ってもいないことを口にしている。何故だかわからない。こんなこと初めてだ。僕ら、まだ対処できていない。

これに関し、僕は休養し、回復に向け医師と取り組む。

回復すると期待しており、年内、みんなに会えるのを楽しみにしている。

音楽とファンが僕の原動力だ。僕はこれもまた乗り越えられるとわかっている。

Love & Mercy ブライアン・ウィルソン」



ブライアンは今月、『Pet Sounds』をフィーチャーしたツアーを北米で開催予定で、その全公演と8月の3公演が延期された。先月発表された、8月終わりから始まるゾンビーズとのジョイント・ツアーに影響があるのかは言及されていない。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報