カニエ・ウェスト、クリスマスに新作『Jesus Is Born』をリリース

ツイート

カニエ・ウェストが、かねてより言及していた新作『Jesus Is Born』を、タイトル通り、ジーザスが誕生した12月25日にダウンロード/ストリーミング・リリースした。

◆『Jesus Is Born』画像

同作は、カニエが率い、彼の“サンデー・サービス(日曜礼拝)”でパフォーマンスしているゴスペル・グループSunday Service Choir名義で発表され、「Count Your Blessings」「Excellent」「Revelations 19:1」「Rain」「Balm in Gilead」「Father Stretch」「Follow Me / Faith」「Ultralight Beam」「Lift Up Your Voices」「More Than Anything」「Weak」「That's How the Good Lord Works」「Sunshine」「Back to Life」「Souls Anchored」「Sweet Grace」「Paradise」「Satan, We're Gonna Tear Your Kingdom Down」「Total Praise」の19曲が収録された。

10月終わりにリリースしたアルバム『Jesus Is King』もクリスチャンがテーマで、Sunday Service Choirが数曲に参加していたが、これはカニエ・ウェスト名義でリリースされており、新作はSunday Service Choirの1stアルバムとなる。



カニエはまた、先月中旬、『Jesus Is King』の続編、『Jesus Is King Part II』をドクター・ドレーと制作していることを明かしている。



カニエは2019年1月より、必ずしも毎週ではないが日曜日定期的に北米各地の教会で“サンデー・サービス”を開いている。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報