デス・エンジェルのW・キャロル、新型コロナ感染で「医師から死ぬと思われていた」

ツイート
Photo by Stephanie Cabral

新型コロナウイルスから回復したデス・エンジェルのドラマー、ウィル・キャロルが米サンフランシスコのKRON-TVのインタビューに応じ、彼の症状は重く、医師からは助かる見込みはないと考えられていたことを明かした。

◆インタビュー動画

2月初めからひと月にわたり開催されたヨーロッパ・ツアーで新型コロナウイルスに感染したキャロルは、集中治療室に入り、12日間昏睡状態だった。

彼はKRON-TVでこう話した。「熱がものすごくて、救急車で搬送されたのを覚えていない。肺が機能してなかったから、彼らは俺を昏睡状態に陥らせたんだ。それで人工呼吸器が装着された。12日間、その状態だった。昏睡状態にあるとき、俺は心不全を起こした。聞けば聞くほど、恐ろしくなる。だから、俺は知らない方がいいって思うよ(笑)」

「意識が戻ったとき、医者らはすごく驚いていた。ショックを受けてたよ。彼ら、俺は死ぬと思ってたんだ。彼らが最初に言ったのが、“君は間違いなく、もうだめだと思ってた”とかだったよ」

キャロルは、この体験を覚醒的な出来事だったと表し、「間違いなく、俺は新たな人生観を持つようになった。俺はこのセカンド・チャンスを無駄にするつもりはない」と話した。



デス・エンジェルはテスタメント、エクソダスとヨーロッパ・ツアーを行ない、テスタメントのフロントマン、チャック・ビリーと彼の妻、ベーシストのスティーヴ・ディジョルジオ、クルー、エクソダスのゲイリー・ホルトらも新型コロナウイルスに感染した。

Ako Suzuki

この記事をツイート

この記事の関連情報