オジー・オズボーン、エイリアンやUFOに夢中

ツイート
Photo by Sam Taylor-Johnson

オジー・オズボーンの妻でマネージャーのシャロンによると、オジーは未知の世界のとりこになっており、その手の番組を見まくっているそうだ。

シャロンはSirius XMにこう話した。「彼、取りつかれてるのよ。エイリアンに関するうさんくさい番組ばかり見てる。“なんで1日3時間もそんなもの見てるの?”って訊くと、“これ見てみろ、これ。あれが何なのか見てみろ”って。“わからない、何なの?”って言うと、宇宙船だって。私は違うと思うわ」

シャロンによると、オジーは真剣で、地球外生命体を信じ曲まで作ったそうだ。それが、最新アルバム『Ordinary Man』(2020年)に収録された「Scary Little Green Men」だという。


シャロンはまた、同じく新作に収録された「Eat Me」はドイツで起きたカニバル事件(アルミン・マイヴェスの事件)をもとに誕生したと話した。「オジーは(事件を)新聞で知り、自分のことを食べて欲しくて、広告を出したあの男性に取りつかれちゃったのよ。実話よ。7人も応募があったって。自分を食べて欲しいなんてクレイジーよ。それで、オジーは“Eat Me”って曲を作ったの」


アルミン・マイヴェスの事件では、ラムシュタインもこれに触発され「Mein Teil」(2004年リリースのアルバム『Reise, Reise』収録)を制作している。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報