SHARE LOCK HOMES、ツアーのファイナル公演でメジャーデビュー発表

ツイート

SHARE LOCK HOMESが10月25日に東京・Zepp Tokyoで<おんぎゃーツアー~SLHは産まれたばっかり~>のファイナル公演を開催した。

◆ライブ写真

SHARE LOCK HOMESは影山ヒロノブ、遠藤正明、Geroなどのバックダンスも務め、動画サイト「niconico」にアップロードした“踊ってみた動画”の総再生回数が5,000万回以上を記録しているダンス・ボーカル・グループ。今公演は新型コロナウイルス感染拡大防止対策のため、会場には限られた人数しか集まれなかったが、同時にライブの生配信も実施され、合計でZepp Tokyoの最大収容人数より多くのファンがツアーファイナルに参加した。


オープニングSEの前には恒例のSLH体操を会場、配信関係なく全員で行い、いざライブスタート。バックダンサーのアナタシアとともに、1曲目から「一撃SNIPER」を披露して盛り上げる。メンバーのSHIRAHANも「ファイナルZepp Tokyo!! この素晴らしいメンバーとともに楽しんでいきましょう!」と叫ぶと「カチカチマウンテン」「宝物」など4月1日にリリースしたアルバム『FRONTIER』の収録曲を中心にライブを展開。もちろん彼らの代名詞であるダンスタイムもたっぷり挟み充実のセットリストを披露していく。


そんな中、MCで「このツアーでたくさんカバー曲をやってきましたが、東京公演ではカバーはしません。ただ、別角度ということで、まずは動画をみてください」とSHIRAHANがステージ上から振りを行うと動画がスタート。動画では12月23日にメジャーデビューすることが決定と速報が出た。さらにその新曲をその場で披露とアナウンス。

これには、生配信で見ていたファンも急展開について行けず、コメント欄に「えっ!? やばいって!」「メジャーデビュー! まじ!?」とのコメントが嵐のように投稿されていった。SHARE LOCK HOMESは、そのままメジャーデビュー曲「パリ↓↑パニ」を初披露した。


パフォーマンス後には「メジャーデビューが決まりました! クリスマスイブイブにぼくたちのメジャーデビューシングルが出ます!」と、改めてメンバーの言葉で12月23日にメジャーデビューシングル「パリ↓↑パニ」をリリースすることをアナウンスした。


さらにアンコールでは、デビューシングルの収録楽曲「うらしまハロー」も初披露され、彼ら自身最長のツアーを大満足な形で締めくくった。なお、同公演の模様は11月1日23時59分までアーカイブ配信が実施されている。


PHOTO:上飯坂 一

■メジャー第1弾シングル「パリ↓↑パニ」

2020年12月23日(水)リリース
What’son Records × dreamusic
【初回限定盤(CD+DVD)】
1,800円+税
type Y (YUMAメインジャケット):MUCD-9143/4 
type K (KARASUメインジャケット):MUCD-9145/6
type S(SHIRAHANメインジャケット):MUCD-9147/8
type R(RYOメインジャケット):MUCD-9149/50


▲初回限定盤 type Y


▲初回限定盤 type K


▲初回限定盤 type S


▲初回限定盤 type R

[DVD収録内容]
・「パリ↓↑パニ」MUSIC VIDEO
・10月25日(日)<おんぎゃーツアー~SLHは産まれたばっかり~>@Zepp Tokyo「パリ↓↑パニ」推しカメラ映像(各ジャケットのメンバーメインの映像を収録、例:type Y→YUMAメイン映像)

【通常盤(CD+ブックレット)】
1,000円+税
type Y (YUMAメインジャケット):MUCD-5378
type K (KARASUメインジャケット):MUCD-5379
type S(SHIRAHANメインジャケット):MUCD-5380
type R(RYOメインジャケット):MUCD-5381
type N(全員ジャケット):MUCD-5382


▲通常盤 type Y


▲通常盤 type K


▲通常盤 type S


▲通常盤 type R


▲通常盤 type N

[ブックレット内容]
20ページオールカラーの豪華ブックレット
※typeごとにブックレットの内容は異なります。

[収録曲](初回限定盤・通常盤共通)
1.パリ↓↑パニ
2.うらしまハロー

◆SHARE LOCK HOMES オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報