オジー・オズボーンが子供のとき使っていた部屋、一晩5万6,000円で貸し出し中?

ツイート
Photo by Sam Taylor-Johnson

オジー・オズボーンによると、英国バーミンガムにある彼が子供のとき住んでいた家(14 Lodge Road, Aston)の子供部屋が、一晩400ポンド(約5万6,000円で)で貸し出されているという。

◆オジー・オズボーン画像

オジーは、『GQ』誌のインタビューで子供時代を振り返っていて、「彼(現オーナー)は一晩400ポンド請求してるんだぜ。あの家は300ポンドの価値もなかったのに!」と話した。「大金つぎこんで風呂場を広くしたに違いない。本当に奇妙だと思うのは、引っ越してから大分経って、あの家を訪れたことがあるんだ。小さいときは何もかもデカく見える。でも、あの家には俺と両親、それに5人の姉弟、合計8人が住んでたんだ。(2階に寝室2つの)すごく小さな家だ。“俺ら、どうしてたんだ?”って思うよ」

また、当時、オジーの家では「アイ・ラブ・ユー」との言葉が交わされることはなかったと話した。「(子供のとき)両親に対し、彼らのことを愛していると言えたか?」との質問にオジーはこう答えた。「いや、全くなかった。俺の親は俺に愛してるなんて言ったことなかった。俺の家ではそんなことしなかったんだ。俺が姉に愛してるなんて言うのは、からかっているときだけだった。いまでも、俺が愛してるって言っても、彼女は愛してるを返してくれないだろう。俺が子供のとき、両親に彼らのことを愛してるなんて言うのは弱さの表れだった」

自身の家庭を持ってからは、「自分の子供たちに愛しているというのは大切なことだと思う。テキスト・メッセージであれ電話であれ、直接であれ、俺は毎日言うようにしている」という。



オジーは『GQ』誌が主催する<GQ Men Of The Year 2020>(ブリティッシュ版)で、生涯功労賞を受賞した。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報