【インタビュー】上野優華、運命の糸で結んだ川崎鷹也との縁

ツイート

■川崎さんから世界を頂いたような感覚

──上野さんは赤い糸は存在すると思っているタイプですか?

上野:運命は信じていたい、赤い糸はあると信じたいタイプ……というよりは、作り出せると思っているタイプかも(笑)。

──“作り出せる”?

上野:生まれた時からつながっているかどうかはわからないけど、無理やり結べるくらいの勢いはあるんじゃないかなって(笑)。恋愛関係だけではなく、友人関係やお仕事などでも運命的な出会いはあるじゃないですか。わたしがオーディションを受けて歌手になれたのもわたしに可能性を感じてくれる人との運命的な出会いがあったからだし、内気で控えめだったのがおしゃべりが大好きな友達と運命的な出会いをしてからおしゃべりが好きになったし。だからわたしは赤い糸は本当にあると思うし、結べるタイプなんじゃないかなって。

──自分で結びに行くからこそつながれる。それこそ川崎さんとの縁も、上野さんが結びにいったものですし。

上野:スタッフさんの協力あってこそです。ただ提供してもらっただけでなく、わたしの声からインスピレーションを受けて書き下ろしてくださったり、楽曲にもアコギやコーラスで参加してくださったり、ボーカルディレクションをしてくださったので、コラボの要素をぎゅっと詰めた1曲になりました。レコーディングも“思った通りに歌って”、“すごくいいよー!”ってテンションを上げてくださって、さくっと歌入れできて。川崎さんから世界を頂いたような感覚でしたね。

▲「愛しい人、赤い糸」ミュージックビデオより

▲「愛しい人、赤い糸」ミュージックビデオより

──それこそ今おっしゃった“コラボ”というか、上野さんの要素と川崎さんの要素が、マーブリングのように融合している曲になっていると思います。

上野:わたしは提供してもらったらまず何より提供してくださった世界観を優先させるところがあるので、“こういうふうに歌ってほしい”と言ってもらったら素直にそうするんです。川崎さんは“優華ちゃんが思うことを第一にして曲を組み上げていきましょう”というやり方で進めてくださって、わたし的にも新しいことだったんです。こちらからお声掛けさせていただいたのに、こんなに褒めてくださって、こんなに一緒に制作していただけて……お忙しいなかここまでしてくださって本当にありがたいですね。

──糸を結びに行っただけでなく、ほどけないくらい強固な結び目を作れた、ということですね。

上野:(※笑顔で両手で拳を作り、力強く結ぶ仕草)

──その力強さはもう糸じゃなくて紐ですね(笑)。川崎さんは上野さんのことを“最強マイメン”とツイートしていましたが、上野さんから見た川崎さんはどんな方なのでしょう?

上野:年上の方に失礼な言い方かもしれないですけど、ワンちゃんみたいな人だなって(笑)。人見知りもなく、自分の持っている愛嬌のすべてを捧げられるというか。相手に合わせに行くんじゃなくて、“僕はこういう人なんです!”というスタンスでみんなと仲良くなれちゃう。強さもある一方で言葉の一つひとつも話し方もやわらかいし、あたたかみがあって、初めてお会いした時もリラックスできたし、初対面の気がしなくて。うん、ワンちゃんです(笑)。

──(笑)。2021年は2月にオンラインライブをなさって、7月には2月から延期になった有観客のバースデーライブがありますが、しばらくはそこに向けて走っていくような活動になりそうでしょうか?

上野:そうですね。あと、12月に「好きでごめん」、3月に「愛しい人、赤い糸」とコンスタントに新曲を出しているので、楽曲を届けるために力を尽くしていきたくて。今まではそれを伝える場所はライブだったけど、ご時世的に今はミュージックビデオ、カラオケ、SNSという場所になってくると思うので、いろんな広げ方や伝え方をスタッフさんたちと考えてるところです。

──インターネットツールは、上野さんのことを全然知らない人と出会える場所でもありますし、そこでつながる赤い糸もたくさんありそうですね。

上野:うん、そうですね! (※力強く紐を結ぶ仕草をしながら)どんどん運命の出会いを結んでいきます!(笑)

取材・文◎沖さやこ

リリース情報

Digital Single「愛しい人、赤い糸」
2021年3月17日(水)リリース

この記事をツイート

この記事の関連情報