新浜レオン、両A面シングルMVで“演技初挑戦”と“ダンサーコラボ”といった2つの顔

ツイート

新浜レオンが5月12日、自身初の両A面シングル「ダメ ダメ…」「さよならを決めたのなら」をリリースする。ふたつの顔が楽しめる両楽曲のミュージックビデオがそれぞれ公開となった。

◆新浜レオン 動画 / 画像

「さよならを決めたのなら」のミュージックビデオは、映画『キセキ-あの日のソビト-』『泣くな赤鬼』『461個の おべんとう』『水上のフライト』WOWOW ドラマW『神の手』など数々の作品で知られる兼重淳監督が手がけたもの。歌詞とはまた異なるオリジナルストーリーで制作された映像は、新浜レオンが俳優として演技に初チャレンジした。「今回の撮影で、演技の楽しさと難しさ、映像をチームで作り上げることの達成感など、本当にたくさんのことを学びました」と語っている。


「さよならを決めたのなら」ミュージックビデオ初公開に際して行われたイベント『両Aメインシングル発売記念インターネットサイン会』には、兼重淳監督がゲスト出演。新浜は「以前より“俳優の勉強をしています”とみなさんにお伝えしていたのですが、その勉強の場としてのワークショップで先生をしていただいたのが兼重監督だったんです」と映像制作の経緯を明かした。兼重監督は「その時はレオンくんのことは全く知らなかったのですが、レッスンの終わりに自分のCDにサインを入れて持ってきた子がいて。それがレオンくんだったんです」と出会いを振り返った。

イベント中にミュージックビデオが初披露されると、それに対する視聴者からのコメントの多さに驚いた二人。「公開されるまで、みなさんがどんな風に受け止めてくださるのかドキドキして、昨日から眠れないくらい緊張していました」と新浜。そして、「僕の初演技点数をつけるとしたら?」と不安げに監督へ問いかけると「100点じゃないの。今持っているものを全部出しきったんでしょ。それに引き出しが増えて経験値が上がれば次の100点を目指せるし。現時点では100点!」と温かいコメントが贈られるシーンも。さらにイベント最後には、「レオンくんは座長感があるなって思いました。ものづくりの中心にいて、スタッフが“この人のために頑張ろう”って思えるような」とコメント。なお、この日はミュージックビデオに出演している俳優 岩田龍青も会場に駆けつけ、3人の裏話トークが視聴者を沸かせた。



そして5月7日には、デビュー前から幾度となくそのステージに立ってきた『音のヨーロー堂』から配信ライブ『生配信ミニライブキャンペーン』を実施。「さよならを決めたのなら」をライブ初披露した。ミュージックビデオとはまた違った生の歌声に、視聴者から感動のコメントが続々。伸びやかで切ない歌声にモニター越しの視聴者が魅了された。

さらに同配信ライブイベント中には、両A面シングルのもう一方の楽曲「ダメ ダメ…」ミュージックビデオも初公開された。こちらは「さよならを決めたのなら」から一転、女性ダンサー2名との息のあったコラボレーションで、ド派手な演出が目を引く仕上がりだ。視聴者からのコメント量が膨大で新浜自身もタイムラインに流れるスピードが速すぎて読むこともままならなくなるなど、配信ライブイベントをさらに盛り上げた。



■両A面 3rdシングル「ダメ ダメ…」「さよならを決めたのなら」

2021年5月12日(水)リリース

▲通常盤A「ダメ ダメ…/さよならを決めたのなら」

【通常盤 A】「ダメ ダメ…/さよならを決めたのなら」
JBCK-4008 1,227円(税抜)
1. ダメ ダメ…
作詞:山崎あおい 作曲:馬飼野康二・鎌田俊哉 編曲:船山基紀
2. さよならを決めたのなら
作詞:渡辺なつみ 作曲:大谷明裕 作曲:CHOKKAKU
3. メモリーグラス (カバー)
4. ダメ ダメ… (オリジナルカラオケ)
5. さよならを決めたのなら (オリジナルカラオケ)

▲通常盤B「さよならを決めたのなら/ダメ ダメ…」

【通常盤 B】「さよならを決めたのなら/ダメ ダメ…」】
JBCK-4009 1,227円(税抜)
1. さよならを決めたのなら
作詞:渡辺なつみ 作曲:大谷明裕 作曲:CHOKKAKU
2. ダメ ダメ…
作詞:山崎あおい 作曲:馬飼野康二・鎌田俊哉 編曲:船山基紀
3. 時の過ぎゆくままに (カバー)
4. さよならを決めたのなら(オリジナルカラオケ)
5. ダメ ダメ…(オリジナルカラオケ)

■れおすけ『2021年サンリオキャラクター大賞』エントリー

※れおすけ=サンリオ制作 新浜レオンオリジナルキャラクター
投票期間:4月9日(金)〜5月24日(月)
https://www.sanrio.co.jp/news/mx-ranking2021-20210225/

この記事をツイート

この記事の関連情報