Cö shu Nie、新曲「undress me」を『女の戦争~バチェラー殺人事件~』主題歌に書き下ろし

ツイート


今年4月から新設されたテレビ東京土曜深夜ドラマ枠『サタドラ』で7月からスタートするサスペンスドラマ『女の戦争~バチェラー殺人事件~』に、Cö shu Nieが新曲「undress me」を主題歌として書き下ろすことが決定した。

このドラマは、主演にミュージカル界の貴公子・古川雄大、また、彼が演じる御曹司バチェラーを奪い合う7名の女性達として、葵わかな、トリンドル玲奈、寺本莉緒、尾碕真花、北原里英、成海璃子、真飛聖が出演。Cö shu Nieは、今作の世界観にフォーカスを当て、バンドとしては初の地上波ドラマ主題歌として書き下ろす。発表にあたって、新たなビジュアルも公開されている。

  ◆  ◆  ◆

■Cö shu Nieコメント
今回『女の戦争~バチェラー殺人事件~』の主題歌を担当させて頂くこととなりました、Cö shu Nie(コシュニエ)です。
この『undress me』という曲は、例えば、”ある人物が、どういう理由で愛する人の命を奪うだろう”と、心の機微をしたためたものです。作品のプロットを読ませて頂いて、登場人物達の欲望に忠実に猪突猛進するエネルギーに衝撃を受けました。これから毎週、愛すべき女達に振り回されながら放送を楽しみたいと思います!

■主演・古川雄大(鳴戸哲也役) コメント
ドラマの撮影中に、今回の主題歌を一足お先に聴かせていただきました。
お洒落な旋律の中にあるキャッチーなメロディー、独特な世界観の中にあるストレートなフレーズ。とても感動しました。
ドラマの緊迫感や歪な愛が曲の中に凝集されていて、ドラマと楽曲が一つの作品として連なった完成形が、とても楽しみになりました!

■プロデューサー:田中智子(テレビ東京)コメント
人気アニメや映画主題歌で注目のコシュニエさんが素敵な主題歌を書き下ろしてくださいました。このドラマはコシュニエさんの曲の世界観と通じるものがあると思っていたのでコラボが実現し、とても嬉しいです!
ドラマは恐怖ありドロドロ女の戦いありのサスペンス愛憎コメディですが、その裏で現代女性の抱える二面性、心に仮面をかぶった姿を描いています。
今回コシュニエさんは、そんな葛藤する女ごころを見事に曲にして表現してくださいました。
素晴らしい主題歌と美しい女優陣の映像で、視聴者の皆さんを釘付けにしたいと思っています!ご期待ください!

  ◆  ◆  ◆

Cö shu Nie 「undress me」

作詞・作曲:中村未来
編曲:Cö shu Nie

サタドラ『女の戦争~バチェラー殺人事件~』


【放送日時】 2021年7月3日(土)23時25分~
【放送局】 テレビ東京、テレビ大阪、テレビ愛知、テレビせとうち、テレビ北海道、TVQ 九州放送
【配信】 動画配信サービス「Paravi」にて毎話1週間先行配信(予定)
【主演】 古川雄大
【出演】 葵わかな、トリンドル玲奈、寺本莉緒、尾碕真花、北原里英、成海璃子、真飛聖
     松大航也 喜多乃愛 芹澤瞬 / 羽場裕一
【監督】 北川瞳 安見悟朗
【脚本】 山岡潤平
【チーフプロデューサー】 稲田秀樹(テレビ東京)
【プロデューサー】 田中智子(テレビ東京) 高石明彦(The icon) 古林都子(The icon)
【制作協力】 The icon
【製作著作】 テレビ東京
【公式HP】 https://www.tv-tokyo.co.jp/onnanosenso/
【公式Twitter】 @onnanosenso_tx
【コピーライト】 画像ご使用の際は、下記コピーライトの併記をお願いいたします。
(c)テレビ東京

【イントロダクション】
バチェラーの愛を巡って繰り広げられた女性たちのバトルの末、辿り着いたのはバチェラーの死…?
女性たちは、ただ哲也と結ばれたいだけではない。
女性たちにはそれぞれ“裏の顔”があり、それぞれの狙いがあり…。
哲也が最後に選ぶのは誰なのか、哲也を殺すのは誰なのか、欲望にまみれた愛憎サスペンス。

動画配信サービス『Paravi』で配信をいたします。
【Paravi(パラビ)】 URL:https://www.paravi.jp
※毎話1週間先行配信予定
この記事をツイート

この記事の関連情報