Native Instruments、Drumasonicと共同開発した「SESSION GUITARIST - PICKED NYLON」リリース

ツイート

Native Instrumentsは、Drumasonicとのコラボレーションによって製作された最新KONTAKT音源 SESSION GUITARIST - PICKED NYLON をリリースした。

◆「SESSION GUITARIST - PICKED NYLON」 関連動画&画像


PICKED NYLONは、SESSION GUITARISTシリーズに加わる最新のアコースティックギター音源。ナイロン弦ギターのピュアで暖かいトーンが精細に取り込まれており、フラメンコやボサノバ、ジャズやクラシックのような伝統的なジャンルのほかポップスやダンスミュージックまで幅広く対応する本格的な音色を作ることができる。PICKED NYLONのサウンドは、ギター製作の巨匠Lisa Weinzierlが製作した世界にたった1つしかないギターを、最高のスタジオ環境でレコーディングしたもの。この卓越したギターの豊かな質感と音色が、KONTAKTインストゥルメントとして収められている。このギターはたくさんの候補の中からテストされ、バランスと汎用性に優れたギターが厳選されたという。



Lisa Weinzierlはカエデやトウヒなどの木材を厳選し、さらにストラディバリウスが誕生したクレモナ地方に伝わる何世紀も昔のバイオリン製作技術から着想を得て、このギターを製作した。



以下のドキュメンタリービデオではLisa Weinzierlの工房を訪れ、彼女が作り出す素晴らしいギターサウンドの秘密に迫まっている。


以下の動画ではこの音源を開発したDrumasonicが、PICKED NYLONの特徴的なサウンドを用いながら主要機能を解説している。参考にしてほしい。


「SESSION GUITARIST - PICKED NYLON」

¥13,400でNIウェブストアにて販売中。

◆製品 オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報