【インタビュー】J、アルバム『LIGHTNING』を語る「自分自身が射抜かれた稲妻がまだここに存在してる」

ツイート

■今回ほどアルバム作りが
■楽しかったことはなかった

──そしてアルバムの最後に収められているのが「CHANGE」。Jさんのアルバムには激しい曲や疾走感のある曲ばかりではなく、ロッカバラード的な曲というのも欠かせないものだと思うんですが、その最新版ともいえるのがこの曲。コンパクトなギターソロも、歌詞もすごく耳に残ります。

J:自分自身で聴いても、自分自身で弾いたり歌ったりしていても気持ちいいと思える曲を純粋に作りたいな、というのがあって。これはまさにそういう曲ですね。こういう状況下、いろいろと制限がある中で、音楽を楽しむ、音楽を聴いて楽しむってことの本質から良い意味ではみ出さない曲になればいいな、と思ったんです。もちろん自分なりにこの歌詞に込めた想いというのもあるんですけど、純粋に、この曲を聴いた人たちが気持ち良くなってもらえるような、普通に“なんかいい曲だよね”って感じながら自然に口ずさみたくなるような、そんな曲を作れたらいいな、と思いながら作ったんです。

──曲調的にも、いわゆるテンションの高い部分ではないJさんのいちばんナチュラルな声が活きています。声の味わいがどんどん出てくるのって、こういうタイプの曲なんじゃないかという気がするんですが、そこは絶対自覚していますよね?

J:いやあ、どうかな(笑)。でも、いちばん良いところを録りたいっていう願望は当然ありますね。自分自身の声の響きも、その日によって変わってくるんです。実は、ヴォーカルに関してだけはどんな場合でもわがままを言わせてもらって、僕は自分のスタジオで録ってるんですね。それは何故かというと、均一な環境で録ることで、自分自身の変化を感じられるからなんですよ。

──ああ、なるほど。定点観測みたいなことなんですね。

J:そう。ホントにそこはわがままなんですけど、たとえばスタジオに移動する時間、スタジオから帰ってくる時間も惜しくなってくるんですよ。“その時間内に歌いたくなったらどうする?”とか、“その時間が自分の体力や集中力を削ってしまったらどうする?”とか、そういったことを考えなくて済むようにしたいんで。たとえば今、本を読んでいたとして、その途中で“あ、今だ!”と思ったなら、すぐそこで録りたいんです。で、そういう環境ができてから、すごく歌に向き合えるようになったんですよね。今回もそういう環境の中で録っていったんです、自分の声のいちばんいい響きみたいなものを求めながら。


──今の話を聞いていてふと思い出しました。かつて『RED ROOM』というアルバムの制作当時、めちゃくちゃたくさんのテイク数のヴォーカルを録り続けて、テイクを比較検討していたという話を聞いたことがあったように思います。

J:ありましたね、そんなこと。あの時は本当に辛かった(笑)。何が起きてたかというと、自分自身に歌うことの経験値があまりなかったわけで、だから正解探しみたいなことにも時間がかかったし、スタジオが変わってマイクが違ってるだけで、その変化に着いて行けなかったんです。響きが変わってしまって、声の出し方を変えないと自分の出したい声には届かない、無理してもムキになってそれを追いかけて、喉を潰したりみたいな。そんな状況下で混乱してしまってたから、何回も何回もテイクを録って、比べながら試していくしかなかったんです。でも、あれもいい経験になったとは思ってますけどね。

──自分の声について知る機会になったわけですよね。そうした過去があるからこそ、今は自分を一定の環境に置くことによって、自分自身の微妙な変化すらも察知することができるし、効率良く録ることもできる。

J:そういうことなんです。声の状態もわかるし、時間っていうものを自分自身でコントロールすることができるし。実はベースという楽器にも意外とそういうところがあるんですよね。自分の機材を持っていくのって、そういうことじゃないですか。ただ自分の機材を持っていっても、スタジオの鳴りによっては全然違った感じになってしまうことがある。そういう環境の中でいちばん繊細な作業をできているわけなので、自分の声のいちばん良いところを活かすようなことができてるんだと思います。

──とても興味深い話だし、納得もできます。そしてこの曲を締め括っている“You can change the world”という言葉も印象的です。

J:このアルバム作りを通じて、“目覚めろ!”みたいなところから始まって、そこからずーっといろんな言葉を発してるわけですけど、最後にひとつ、この言葉がポーンと降りてきたんですよね。こんな閉塞感とかのある今の状況だって、変えることが君にはできる。その人がどれだけそうしたいと思うか次第では。

──ええ。考え方ひとつで変わるものがあるわけですよね。視点を変えるだけでまわりがすべて違って見えてくることがあるように。

J:うん。なんか、そういう言葉が自然に降りてきたんですよね。それが、このアルバムを閉じる言葉というか、アルバム全体の最後に置いてみんなに投げ掛ける言葉として相応しいんじゃないか、と。それがベストな選択なんじゃないかな、と思ったんです。

──いや、でも、本当に最初から最後まで気持ちのいい流れで聴かせてもらいました。しかもこうしてゆったりと着地点に至ると、その余韻に浸りつつも、また1曲目に戻って起き上がりたくなるんですよね。

J:ははは! 二度目の目覚めが訪れるわけですね(笑)。自分でも今回ほどアルバム作りが楽しかったことはなかったかな。なんかこう、イメージ通りにいかなくて苦しい時っていうのも、やっぱりあるんですよ。ただ、今回はそれが一切なかった。ヴォーカルのことについてもそうだし、自分の思い描いたメロディを実際にちゃんと形にできて、その通りに表現できるようになった。すべてのフォーカスがしっかりと合って、この『Lightning』という言葉に集約された状態で放つことのできるアルバムになったんじゃないかな、と思ってるんです。


──素晴らしいことだと思います。そして、このアルバムを携えながらのライヴも控えているわけですが。いつものことではありますけど、ライヴで映えそうな曲ばかりですし、どんなふうになるのかが楽しみです。

J:うん。まさにライヴ映えするアルバムだと自分でも思ってるんです。実際、自分たちでもライヴができない状況の中で、ライヴってものを思い描きながら作ってた部分もあるし。このアルバムを聴いて、ライヴに来て、エンジョイしてもらうこと。そこでようやくすべての必要なピースが揃うことになるような気がするんですよね。で、ライヴの場で実際に感じたことを踏まえながらアルバムと向き合うと、また違た扉が開いていくような……。ただ、ひとつだけ違うのは、パンデミック以前のライヴと同じ形ではまだやれない、ということ。今回のライヴでは、座席のある環境での開催になるんですね。そうやってまだみんなに強いなければならないルールみたいなものもあるわけです。だけど同時に、それによって音楽の本質みたいなものまで変わることはないと思ってるし、そういった状況下だからこそ楽しむこと、熱くなることをはじめとする大切なことを感じられる最高の機会になると思う。だから、そのチャンスを逃して欲しくない。これは僕のライヴに限ったことじゃないんですよ。すべての音楽ファンが、今、音楽を楽しむこと。しかも、決められたルールの枠内で存分に楽しむこと。それを取り戻すこと。それって、すごく大切なことだと思うんです。それによって、また一歩先に進むことができるようになるわけで。それは無闇に“ウェー!”って盛り上がってくれればいいって話ではなくてね(笑)、今だからこそ閉じこもっていて欲しくないなと思うんです。

──ええ。臆病にならざるを得ない人たちの気持ちも当然わかります。ただ、そろそろ一歩踏み出す気持ちを固めてもいいはずの段階にきているはずで。

J:そうなんですよ。この状況下でも楽しむことができるというのを実感できるチャンスだと思うし、このままいい状況で続けていければ、またさらに取り戻せるものが大きくなってくるはずだし。そういう意味では、このタイミングでこのアルバムをリリースできてライヴまでできるっていうのは、最高だなと思ってます。そして、今回のツアーのことも踏まえたうえで、来年に向けてのこともいろいろとプランニングし始めているので。

──楽しみにしています。なにしろ2022年はソロ始動25周年のアニバーサリーイヤーでもあるわけですし。

J:そうなんですよ! 四半世紀ですよ、信じられます(笑)? つまり今年の大晦日は、その記念すべき年に向けてのカウントダウンになるわけです。来年は間違いなくものすごく熱い年になるはずなので、期待していて欲しいですね。

──Jさんならではの危険なたくらみも期待していますよ(笑)。

J:はははは!期待していてください。 自分自身もこの先のことを、すごく楽しみにしているんで。まずはこのアルバムを聴いて、ライヴ会場に足を運んで欲しいですね。

取材・文◎増田勇一

■オリジナルフルアルバム『LIGHTNING』

2021年11月3日(水・祝)リリース
【CD Only盤 [スマプラ対応]】CTCR-96046 ¥3,300(税込)
【CD+Blu-ray or DVD [スマプラ対応]】CTCR-96045/B or CTCR-96044/B ¥8,800(税込)
【初回生産限定スペシャルBOX (CD+Blu-ray or DVD [スマプラ対応]+Photo Book)】CTCR-96043/B or CTCR-96042/B ¥12,100(税込)
【F.C.Pyro(ファンクラブ)限定スペシャルBOX】CTC1-96048/B or CTC1-96047/B ¥12,100(税込)
※F.C.Pyro限定BOXは、初回生産限定スペシャルBOXの内容+Pyro.限定シリアルナンバー入りプレート付き

▼CD収録曲
01. Wake Up!
02. Night Flame
03. HEAT
04. Starrrrs
05. Day by Day
06. FLASH
07. MY HEAVEN
08. A Thousand Dreams
09. Over and Over
10. CHANGE
▼Blu-ray / DVD収録曲
<J LIVE 2021 SUMMER -Hello New World->
01. Go Charge
02. MY HEAVEN
03. PYROMANIA
04. OVER DRIVE
05. RECKLESS
06. ray of light
07. Blank
08. Feel Your Blaze
09. Tomorrow
10. Endless sky
・「Wake Up!」Music Video
・「Wake Up!」Music Video - Behind the Scenes
▼Photo Book
本作のために撮り下ろされた豪華写真集 (A4 60P)

●アルバムリリース記念オンラインイベント●
開催日程:10月28日(木) 20:00~
※2021年11月3日(水)発売のJ New album『LIGHTNING』を対象とした、全国のお客様が参加可能なオンラインサイン会を開催
https://www.corazon-store.com/event/2021/10-21/3645/

●「Wake Up!」「MY HEAVEN」先行配信とプレオーダー●
https://avexjpre.lnk.to/WakeUpMYHEAVEN


■東名阪スペシャルサーキット<J LIVE 2021 -LIGHTNING- Special Circuit>

11月03日(祝) 横浜Bay Hall
open17:15 / start18:00
11月07日(日) 新宿BLAZE
・1部:open14:15 / start15:00
・2部:open17:45 / start18:30
11月27日(土) 名古屋CLUB QUATTRO
open17:15 / start18:00
11月28日(日) 大阪BIGCAT
open16:45 / start17:30
▼FINAL追加公演
12月30日(木) 渋谷TSUTAYA O-EAST
open14:15 / start15:00

※全席指定
※来場者全員に『LIGHTNING』発売記念アイテムプレゼント

▼チケット
全会場全席指定:¥7,000(税別)+ドリンク代別途
一般発売:10/9(土)AM10:00~
※FINAL公演のみ:11/27(土)AM10:00~

■ニコ生特番『J生出演!NEW ALBUM『LIGHTNING』発売記念SP』

生放送:2021年11月04日(木) 21:00より
https://live.nicovideo.jp/watch/lv334152714

■カウントダウンライヴ<J LIVE 2021-22 COUNTDOWN (F.C.Pyro.会員限定)>

12月31日(金) 渋谷TSUTAYA O-EAST
open22:15 / start23:00
※政府や自治体等の方針により、開場・開演時間が変更になる場合があります


◆インタビュー【3】へ戻る
◆インタビュー【1】へ戻る
この記事をツイート

この記事の関連情報