ロニー・ジェイムス・ディオのドキュメンタリー、<SXSW>でプレミア

ツイート

この数年、制作されてきたロニー・ジェイムス・ディオ初の公式ドキュメンタリー『DIO: Dreamers Never Die』がいよいよ来月、米テキサス州オースティンで開催される<サウス・バイ・サウスウエスト>でプレミアされることになった。

◆ロニー・ジェイムス・ディオ画像

今年の同フェスティバルは3月11~20日に開かれ、『DIO: Dreamers Never Die』は3月17日にパラマウント・シアターで世界初上映されるという。113分間の作品で、出演者一覧にはトニー・アイオミ、ギーザー・バトラー、ビル・ワード、ヴィニー・アピス、リタ・フォード、ロブ・ハルフォード、セバスチャン・バックらの名が記載されている。

ロニーの妻でマネージャーだったウェンディさんは、最近、このドキュメンタリーについて「ファースト・カットを見たわ。すごくエモーショナルだった。自伝とは大きな違いがある。あの本は1986年、ロニーがマディソン・スクエア・ガーデンでプレイするところで終わっている。でも、ドキュメンタリーでは、彼の人生を最期まで描いている」「とてもエモーショナルよ。(一緒に観た人たち)全員、泣いてしまった。感傷的だけど、本当に興味深くて、すごくいいのよ。ロブ・ハルフォードが話をしてくれていて、それが素晴らしいの。リタ・フォードやジャック・ブラックも登場する。私はとても嬉しく思ってる」と話していた。

今年の<サウス・バイ・サウスウエスト>では、キング・クリムゾン、シェリル・クロウ、XXXTentacion、ニック・ケイヴ、チャンバワンバらのドキュメンタリーもプレミアされる。



Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報