スリップノットのシド・ウィルソン、ステージ上の飛び跳ね常習で「バイオニック・マンのごとく再生中」

ツイート
PHOTO CREDIT: ALEXANDER GAY

スリップノットのシド・ウィルソン(Turntable)は、ステージ上での激しい動きが原因で怪我が絶えないそうだ。現在、再生医療により傷ついた膝の治療中だという。

◆スリップノット画像

先週末、「Full Metal Jackie」のラジオ番組にゲスト出演した彼は、スリップノットの公演における身体的消耗にどう備えているのかと問われると、こう明かした。「それはいい質問だ。なぜなら俺は最近、ロサンゼルスへ行き、膝の治療を受けている最中だからな。みんな見慣れているとおり、俺は長年、踊ったり、高いところから飛び降りたりしてきたことで、両膝の状態が悪化している。左膝は半月板が断裂、右膝の半月板なんて多角的、要するに蜘蛛の巣みたいに断裂してる。別方向にいくつも断裂してるわけだ。それで、俺はRegenicinって治療を始めたんだよ。大抵、幹細胞治療をやっている人たちが施している治療だ」

「採血し、そこから血液細胞を取り出し、修正モードで活性化し、問題の場所に注入して戻すんだ。すごく長い針で、俺の膝の中心部に注入するんだよ。いま、治療の第2段階にあり、1週間くらい後、ロサンゼルスに戻り、あと3回治療がある。理学療法もたくさんある。俺はいま、バイオニック・マンのごとく再生中なわけ」

スリップノットは今月16日に、北米で<Knotfest Roadshow 2022>ツアーをスタート。治療中だとはいうが、ウィルソンは変わらずツアーに参加している。



Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報