オジー・オズボーン「ジョン・レノンとコラボしたかった」

ツイート
Photo by Ross Halfin

前作『Ordinary Man』(2020年)や9月リリース予定の新作『Patient Number 9』で様々なアーティスト達との共作を経験したオジー・オズボーンは、ジョン・レノンが生きていたらコラボしてみたかったという。

オジーは英国の新聞『The Sun』のインタビューで、コラボしたいアーティストについて問われると、「ジョン・レノンだ。もし彼が生きていたら。俺はジャイアント・ビートルズ・ファンだから」と答えた。「それに、ジミ・ヘンドリックスだな」と続けた後、かつての相棒、ランディ・ローズの名も挙げたという。

オジーは『Patient Number 9』で、エリック・クラプトン、ジェフ・ベック、トニー・アイオミらをゲストに迎え、彼らの演奏に「ぶっ飛んだ」そうだ。「凄腕の連中との共作は全く違う。彼らには独自のテイストがある。魂のプレイだ」「ジェフ・ベックとの曲が完成したとき、俺の頭から彼のソロを振り払うことはできなかった。エリック・クラプトンと作った曲(「One Of Those Days」)のビデオを見てくれ。現場にいたみんなが“とんでもなく素晴らしい”って言ってた。彼のスタイルとサウンドがダイレクトに届く」

オジーはまた、このインタビューで、ブラック・サバスの音楽によりヘヴィ・メタルをビッグにしたのは誇らしいが、「もう少し多様な音楽を作っていたら」と思うこともあると話した。

『Patient Number 9』は9月9日にリリース予定。オジーは先週(8月8日)、故郷である英国バーミンガムで開かれた総合競技大会<コモンウェルスゲームズ 2022>の閉会式にサプライズ出演し、トニー・アイオミと共演した。



Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報